Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.3. システム登録およびサブスクリプション管理の基本

1.3.1. Red Hat サブスクリプションと使用可能なタスク

Red Hat Enterprise Linux 7 オペレーティングシステムと、そこにインストールされている製品は、サブスクリプションでカバーされています。
Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) のサブスクリプションを使用して、以下を追跡します。
  • 登録したシステム
  • 登録したシステムにインストールされている製品
  • インストールされている製品に割り当てられているサブスクリプション

1.3.2. インストール時のシステム登録

本セクションでは、インストールプロセス中に行う Red Hat Enterprise Linux 7 の登録について簡単な概要を説明します。インストールしてもオペレーティングシステムが登録されていない場合は、本セクションを読むことで、インストール中に設定しなかった項目を確認できます。詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。
基本的に、インストール中にシステムを登録する方法は 2 つあります。
  • 通常、登録は、初期設定の設定 プロセスで行います。詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。
  • または、インストール後のスクリプトでサブスクリプションマネージャー を実行して行います。この場合は、インストールの完了と同時 (システムが最初の再起動を実施する前) に、自動登録を実行します。これを行うには、キックスタートファイルの %post セクションを変更します。インストール後のスクリプトとしてサブスクリプションマネージャーを実行する場合は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

1.3.3. インストール後のシステムの登録

インストールプロセス中にシステムの登録をしなかった場合は、以下の手順に従ってインストール後に登録できます。この手順におけるコマンドはすべて root 権限で実行する必要がある点に注意してください。

手順1.1 システムの登録およびサブスクリプション

  1. システムを登録します。
    ~]# subscription-manager register
    コマンドを実行すると、Red Hat カスタマーポータルのユーザー名とパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。
  2. 必要なサブスクリプションのプール ID を確認します。
    ~]# subscription-manager list --available
    このコマンドは、使用している Red Hat アカウントで利用可能なサブスクリプションをすべて表示します。サブスクリプションごとに、プール ID を含む様々な情報が表示されます。
  3. pool_id を、前の手順で確認したプール ID に置き換えることで、適切なサブスクリプションをシステムに割り当てます。
    ~]# subscription-manager attach --pool=pool_id
システムの登録および Red Hat コンテンツ配信ネットワークサブスクリプションの割り当て方法は、7章システム登録およびサブスクリプション管理 を参照してください。