1.3. システム登録およびサブスクリプション管理の基本

1.3.1. Red Hat サブスクリプションの概要、およびサブスクリプションを使用できるタスク

Red Hat Enterprise Linux 7 オペレーティングシステムと、そこにインストールされている製品は、サブスクリプションでカバーされています。

Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) サブスクリプションを使用して、以下を追跡します。

  • 登録したシステム
  • 登録したシステムにインストールされている製品
  • インストールされている製品に割り当てられているサブスクリプション

1.3.2. インストール時のシステム登録

本セクションでは、インストールプロセス中に行う Red Hat Enterprise Linux 7 の登録について簡単な概要を説明します。インストールしてもオペレーティングシステムが登録されていない場合は、本セクションを読むことで、インストール中に設定しなかった項目を確認できます。詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

基本的に、インストール中にシステムを登録する方法は 2 つあります。

  • 通常、登録は、初期設定の設定プロセスで行います。詳細は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。
  • または、インストール後のスクリプトでサブスクリプションマネージャー を実行して行います。この場合は、インストールの完了と同時 (システムが最初の再起動を実施する前) に、自動登録を実行します。これを行うには、キックスタートファイルの %post セクションを変更します。インストール後のスクリプトとしてサブスクリプションマネージャーを実行する場合は『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』を参照してください。

1.3.3. インストール後のシステムの登録

インストールプロセス中にシステムの登録をしなかった場合は、以下の手順に従ってインストール後に登録できます。この手順で紹介するコマンドはすべて root で実行する必要があります。

システムの登録およびサブスクリプションの割り当て

  1. システムを登録します。

    ~]# subscription-manager register

    コマンドを実行すると、Red Hat カスタマーポータルのユーザー名とパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

  2. 必要なサブスクリプションのプール ID を確認します。

    ~]# subscription-manager list --available

    このコマンドは、使用している Red Hat アカウントで利用可能なサブスクリプションをすべて表示します。サブスクリプションごとに、プール ID を含むさまざまな情報が表示されます。

  3. pool_id を、確認したプール ID に置き換えて、適切なサブスクリプションをシステムに割り当てます。

    ~]# subscription-manager attach --pool=pool_id

システムの登録および Red Hat コンテンツ配信ネットワークサブスクリプションの割り当て方法は、7章システム登録およびサブスクリプション管理 を参照してください。

1.3.4. システムの EUS コンテンツへの登録

延長アップデートサポート (EUS) コンテンツにアクセスするには、以下のようにシステムを登録します。

  1. EUS エンタイトルメントが利用可能であることを確認します。

    ~]# subscription-manager list --available --matches="Extended Update Support"
        +-------------------------------------------+
            Available Subscriptions
        +-------------------------------------------+
        Subscription Name:   Extended Update Support
        Provides:            Red Hat Enterprise Linux High Availability for x86_64 - Extended Update Support
                             Red Hat Enterprise Linux Resilient Storage for x86_64 - Extended Update Support
                             Red Hat Enterprise Linux for x86_64 - Extended Update Support
                             Red Hat EUCJP Support (for RHEL Server) - Extended Update Support
                             RHEL for SAP - Extended Update Support
                             Red Hat Enterprise Linux Load Balancer (for RHEL Server) - Extended Update Support
                             Red Hat Enterprise Linux Scalable File System (for RHEL Server) - Extended Update Support
                             Red Hat CodeReady Linux Builder for x86_64 - Extended Update Support
                             RHEL for SAP HANA - Extended Update Support
                             Red Hat Enterprise Linux High Performance Networking (for RHEL Server) - Extended Update Support
                             Oracle Java (for RHEL Server) - Extended Update Support
                             Red Hat S-JIS Support (for RHEL Server) - Extended Update Support
        SKU:                 RH00030
        Contract:            12069074
        Pool ID:             8a99f9ac7238188b01723d9c8a8a06a9
        Provides Management: No
        Available:           8
        Suggested:           0
        Service Level:       Layered
        Service Type:        L1-L3
        Subscription Type:   Instance Based
        Starts:              05/22/2020
        Ends:                05/21/2021
        System Type:         Physical
  2. プール ID を使用して該当サブスクリプションを割り当てます。

    ~]# subscription-manager attach --pool 8a99f9ac7238188b01723d9c8a8a06a9
  3. システムに有効なデフォルトのリポジトリーを EUS バリアントに置き換えます。

    ~]# subscription-manager repos --disable \*
  4. 使用中の RHEL リビジョンの EUS コンテンツセットを表すリポジトリーを有効にします。

    ~]# subscription-manager repos --enable rhel-7-server-eus-rpms
  5. エンドシステムで必要な、サポート対象のリリースを選択します。

    ~]# subscription-manager release --set 7.6

現在サポートされている EUS リリースについては、「Extended Update Support Add-on」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。