Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.3. GRUB 2 メニューの一時的な変更

手順25.1 カーネルメニューエントリーの一時的な変更

これから実行する起動プロセスでのみカーネルパラメーターを変更するには、以下の手順を実行します。
  1. システムを起動し、GRUB 2 ブート画面で、編集するメニューエントリーにカーソルを移動し、編集のために e キーを押します。
  2. カーソルを下に移動してカーネルコマンドラインを見つけます。カーネルコマンドラインは、64 ビット IBM Power シリーズの場合は linux、x86-64 BIOS ベースのシステムの場合は linux16、UEFI システムの場合は linuxefi で始まります。
  3. カーソルを行の最後に移動します。
    Ctrl+aCtrl+e を押して行の最初または最後に移動します。システムによっては、HomeEnd が機能するものもあります。
  4. 必要に応じてカーネルパラメーターを編集します。たとえば、緊急モードでシステムを実行するには、linux16 行の最後に emergency パラメーターを追加します。
    linux16      /vmlinuz-3.10.0-0.rc4.59.el7.x86_64 root=/dev/mapper/rhel-root ro rd.md=0 rd.dm=0 rd.lvm.lv=rhel/swap crashkernel=auto rd.luks=0 vconsole.keymap=us rd.lvm.lv=rhel/root rhgb quiet emergency
    システムメッセージを有効にするには、rhgbquiet のパラメーターを削除する必要があります。
    この設定は永続的なものではなく、これから実行するブートにのみ適用されます。システムでメニューエントリーの変更を永続的に行うには、grubby ツールを使用します。grubby の詳細は「GRUB 2 メニューエントリーに対する引数の追加および削除」 を参照してください。