Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.8. kdump メカニズムを使用したクラッシュカーネルのダンプ

本セクションは、kdump と呼ばれるカーネルクラッシュダンプメカニズムの概要を説明します。では、「kdump の概要と使用できるタスク」 で使用される kdump の概要を簡単に説明します。

kdump サービスの有効化はインストールプロセスで行われ、デフォルトではインストール時に kdump が有効になります。本セクションでは、「インストールプロセス中の kdump の有効化および実行」 でインストール時に kdump を有効にする方法を説明し、「インストールプロセス後に kdump のインストールと有効化」 のインストール後に無効の kdump サービスを手動で有効にする方法を説明します。

Cockpit を使用して kdump を設定することも可能です。詳細は、「Cockpit での kdump の設定」 を参照してください。

1.8.1. kdump の概要と使用できるタスク

システムがクラッシュした場合は、kdump と呼ばれるカーネルクラッシュダンプのメカニズムを利用できます。これにより、システムのメモリー内容を保存し、後で分析することができるようになります。kdump では、kexec システムコールにより、別のカーネルのコンテキストから Linux カーネルを起動し、BIOS を迂回して、通常は失われてしまう 1 番目のカーネルメモリーの内容を維持するメカニズムを採用しています。

カーネルクラッシュが発生すると、kdump は kexec を使用して 2 番目のカーネル (キャプチャーカーネル) で起動します。この 2 番目のカーネルはシステムメモリーの予約部分にあり、1 番目のカーネルからはアクセスできません。2 番目のカーネルが起動すると、クラッシュしたカーネルメモリーの内容 (クラッシュダンプ) をキャプチャーして保存します。