1.8. kdump メカニズムを使用したクラッシュカーネルのダンプ

本セクションでは、カーネルクラッシュダンプ (別名 kdump) のメカニズムを紹介します。また、kdump の使用方法は 「kdump と使用可能なタスク」 で簡単に説明します。
kdump サービスの有効化はインストールプロセスで行われ、デフォルトではインストール時に kdump が有効になります。本セクションでは、「インストールプロセス中の kdump の有効化および実行」 で、インストール時に kdump を有効にする方法を説明し、「インストールプロセス後の kdump のインストールと有効化の確認」 で、インストール後に無効の kdump サービスを手動で有効にする方法を説明します。
Cockpit を使用して kdump を設定することも可能です。詳細は 「Cockpit での kdump の設定」 を参照してください。

1.8.1. kdump と使用可能なタスク

システムがクラッシュした場合は、kdump と呼ばれるカーネルクラッシュダンプのメカニズムを利用することができます。これにより、システムのメモリー内容を保存し、後で分析することが可能となります。kdump では、kexec システムコールにより、別のカーネルのコンテキストから Linux カーネルを起動し、BIOS を迂回して通常は失われてしまう 1 番目のカーネルメモリーの内容を維持するメカニズムを採用しています。
カーネルクラッシュが発生すると、kdump は kexec を使用して 2 番目のカーネルで起動します (キャプチャーカーネル)。この 2 番目のカーネルはシステムメモリーの予約部分にあり、1 番目のカーネルからはアクセスできません。2 番目のカーネルが起動すると、クラッシュしたカーネルメモリーの内容 (クラッシュダンプ) をキャプチャーして保存します。

1.8.2. インストールプロセス中の kdump の有効化および実行

インストール中の kdump の有効化および実行は、Anaconda インストーラー、またはキックスタートファイルの %addon com_redhat_kdump コマンドのいずれかを使用して行います。
詳細は、インストール方法に応じた適切な資料を参照してください。
  • Anaconda インストーラーを使用してインストールする場合は、以下を参照してください。
    『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』の「Anaconda を使用したインストール
  • キックスタートファイルを使用してインストールする場合は、以下を参照してください。
    『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』の「キックスタートのコマンドとオプション

1.8.3. インストールプロセス後の kdump のインストールと有効化の確認

kdump のインストールを確認し、設定するには以下を実行します。

手順1.5 kdump がインストールされたかどうかを確認し、kdump を設定

  1. お使いのシステムに kdump がインストールされたかどうかを確認するには、以下を実行します。
    ~]$ rpm -q kexec-tools
  2. インストールされていない場合に kdump をインストールするには、root ユーザーとして以下のコマンドを実行します。
    ~]# yum install kexec-tools
  3. kdump を設定するには、以下を行います。
    コマンドラインまたはグラフィカルユーザーインターフェースのいずれかを使用します。
    両方のオプションの詳細は「Red Hat Enterprise Linux 7 カーネルクラッシュダンプガイド」を参照してください。
    グラフィカル設定ツールをインストールする必要がある場合は、以下を実行します。
    ~]# yum install system-config-kdump

1.8.4. Cockpit での kdump の設定

Cockpitカーネルダンプ設定 を選択し、以下を確認します。
  • kdump のステータス
  • kdump 用に確保しているメモリー容量
  • クラッシュダンプファイルの場所
Cockpit での kdump の設定

図1.5 Cockpit での kdump の設定

1.8.5. kdump に関するその他のリソース

kdump に関する詳細は 『Red Hat Enterprise Linux 7 カーネル管理ガイド』 を参照してください。