Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.7.3. 個別のリポジトリーの有効化または無効化

yum-cron は、リポジトリーの特定の設定をサポートしません。yum ではなく、yum-cron で個別のリポジトリーを有効または無効にするには、以下の手順を行ってください。

  1. システムの任意の場所に空のリポジトリー設定ディレクトリーを作成します。
  2. /etc/yum.repos.d/ ディレクトリーから、新たに作成したこのディレクトリーに設定ファイルをすべてコピーします。
  3. /etc/yum.repos.d/ 内の各 .repo 設定ファイルで、以下のように enabled オプションを設定します。

    enabled = 1
    リポジトリーを有効にするには、以下を行います。
    enabled = 0
    リポジトリーを無効にするには、以下を行います。
  4. 選択した yum-cron 設定ファイルの最後に、新たに作成したリポジトリーのディレクトリーを指定する以下のオプションを追加します。

    reposdir=/path/to/new/reposdir