Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.6.2. ウイルス対策保護の設定

システムのウイルス対策として ClamAV をインストールできます。ClamAV の追加情報は、ClamAV project website を参照してください。

警告

ClamAV はサードパーティーのソフトウェアであるため、Red Hat ではサポートしていない点に注意してください。

clamav パッケージ、clamav-data パッケージ、clamav-server パッケージ、および clamav-update パッケージは、Enterprise Linux (EPEL) リポジトリーの追加パッケージでのみ利用できます。EPEL リポジトリーの使用方法の詳細は、「EPEL リポジトリーを使用したスパム対策およびウイルス対策ソフトウェアのインストール」 を参照してください。

Red Hat によるサードパーティーのソフトウェアの取り扱い方法、および Red Hat がそのようなソフトウェアに提供するサポートレベルに関する詳細は、「Red Hat グローバルサポートサービスは、サードパーティのソフトウェア、ドライバー、そして認定されていないハードウェアおよびハイパーバイザー、もしくはゲストのオペレーティングシステムについてどのようなサポートを提供していますか?」を参照してください。Red Hatナレッジベースの記事。

EPEL リポジトリーを有効にしたら、以下のコマンドを root ユーザーで実行し、ClamAV をインストールします。

~]# yum install clamav clamav-data clamav-server clamav-update