Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

26.5. GRUB 2 設定ファイルのカスタマイズ

GRUB 2 スクリプトはユーザーのコンピューターを検索して、スクリプトが見つけたオペレーティングシステムに基づくブートメニューを構築します。最新のシステムブートオプションを反映させるために、カーネルが更新されるか新規カーネルが追加されると、ブートメニューは自動的に再構築されます。

しかし、特定のエントリーを含むメニューの構築や、エントリーの特定の順番をユーザーが希望する場合もあります。GRUB 2 では基本的なブートメニューのカスタマイズが可能で、画面に表示されるものをユーザーが制御できます。

GRUB 2 は、一連のスクリプトを使用してメニューを構築します。これらは /etc/grub.d/ ディレクトリーにあります。このスクリプトは /etc/grub.d/ ディレクトリーに格納されており、以下のファイルが含まれます。

  • 00_header: /etc/default/grub ファイルから GRUB 2 設定を読み込みます。
  • 01_users: user.cfg ファイルからスーパーユーザーのパスワードを読み取ります。Red Hat Enterprise Linux 7.0 および 7.1 では、インストール中にキックスタートファイルでブートパスワードが定義された場合にのみこのファイルが作成され、含まれるパスワードはプレーンテキストになります。
  • 10_linux: Red Hat Enterprise Linux のデフォルトのパーティションでカーネルを見つけます。
  • 30_os-prober。別のパーティションで見つかったオペレーティングシステム用にエントリーを構築します。
  • 40_custom: 追加のメニューエントリー作成に使用可能なテンプレートです。

/etc/grub.d/ ディレクトリーからのスクリプトはアルファベット順に読み取られるので、名前を変更して特定のメニューエントリーの起動順を変更できます。

重要

ブート可能なカーネルのリストを非表示にするには、/etc/default/grubGRUB_TIMEOUT を 0 に設定しないでください。このように設定すると、システムが常にデフォルトのメニューエントリーで直ちに起動し、デフォルトのカーネルが起動に失敗した場合に、古いカーネルを起動することができなくなります。

代わりに、システムの起動時に GRUB 2 が起動可能なカーネルの一覧を表示しないようにするには、以下のように /etc/default/grub ファイルの GRUB_TIMEOUT_STYLE オプションを設定します。

GRUB_TIMEOUT_STYLE=hidden

システムの起動時に一覧を表示する場合は、キーボードまたは他のシリアルコンソールを使用して BIOS 情報が表示されている間に英数字キーを押し続けると、GRUB 2 で GRUB 2 メニューが表示されます。

26.5.1. デフォルトのブートエントリーの変更

デフォルトでは、/etc/default/grub ファイルの GRUB_DEFAULT ディレクティブのキーは saved という単語です。これにより、/boot/grub2/grubenv にある GRUB 2 環境ファイルの saved_entry ディレクティブで指定されたカーネルを読み込むように GRUB 2 が指示されます。grub2-set-default コマンドを使用して別の GRUB 2 レコードをデフォルトにすることもできます (この結果、GRUB 2 環境ファイルが更新されます)。

デフォルトでは、saved_entry 値は、パッケージタイプ kernel の最新のインストール済みカーネルの名前に設定されます。これは UPDATEDEFAULT ディレクティブと DEFAULTKERNEL ディレクティブにより /etc/sysconfig/kernel で定義されます。このファイルは以下のように root ユーザーが表示できます。

~]# cat /etc/sysconfig/kernel
# UPDATEDEFAULT specifies if new-kernel-pkg should make
# new kernels the default
UPDATEDEFAULT=yes

# DEFAULTKERNEL specifies the default kernel package type
DEFAULTKERNEL=kernel

DEFAULTKERNEL ディレクティブはデフォルトで使用するパッケージタイプを指定します。DEFAULTKERNEL がパッケージタイプ kernel に設定されている場合は、kernel-debug タイプのパッケージをインストールしても、デフォルトのカーネルは変更されません。

GRUB 2 は、 saveed_entry ディレクティブのキーとして数値を使用して、オペレーティングシステムがロードされるデフォルトの順序を変更することをサポートしています。どのオペレーティングシステムを最初に読み込むかを指定するには、その数字を grub2-set-default コマンドに渡します。以下に例を示します。

~]# grub2-set-default 2

一覧内でのメニューエントリーの場所は、ゼロで始まる数字で示されることに注意してください。したがって、上記の例では、3 番目のエントリーがロードされます。この値は、次回にインストールされるカーネルの名前で上書きされます。

システムが常に特定のメニューエントリーを使用するようにするには、/etc/default/grub ファイルの GRUB_DEFAULT ディレクティブにメニューエントリー名をキーとして使用します。利用可能なメニューエントリーを一覧表示するには、root で以下のコマンドを実行します。

~]# awk -F\' '$1=="menuentry " {print $2}' /etc/grub2.cfg

ファイル名 /etc/grub2.cfggrub.cfg ファイル (場所はアーキテクチャーに依存します) へのシンボリックリンクです。信頼性を確保するために、シンボリックリンクは本章の他の例では使用されません。ファイルに書き込む場合 (特にシステムを修復する場合) は、絶対パスを使用することが推奨されます。

/etc/default/grub への変更は、以下のように grub.cfg ファイルの再構築を必要とします。

  • BIOS ベースのマシンでは、root で以下のコマンド実行します。

    ~]# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
  • UEFI ベースのマシンでは、root で以下のコマンド実行します。

    ~]# grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg