16.3. 印刷設定

印刷設定 ツールを使用すると、プリンター設定、プリンター設定ファイルの管理、印刷スプールディレクトリー、印刷フィルター、プリンタークラスの管理ができます。
このツールは CUPS (Common Unix Printing System) を基本にしています。CUPS を使用した以前の Red Hat Enterprise Linux バージョンからシステムをアップグレードする場合、アップグレードプロセスは設定を行ったプリンターの設定を保持します。

重要

cupsd.conf の man ページには、CUPS サーバーの設定が記載されています。これには、SSL サポートを有効にするためのディレクティブが含まれています。ただし、CUPS では使用されるプロトコルバージョンのコントロールが許可されません。『設定から SSLv3 を無効にできないコンポーネントで POODLE SSLv3.0 脆弱性 (CVE-2014-3566) を解決する方法』 で説明されている脆弱性により、Red Hat ではセキュリティー保護のためにこれに依存するのではなく、stunnel を使用してセキュアなトンネルを提供し、SSLv3 を無効にすることを推奨します。stunnel の使用方法は Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティガイド を参照してください。
リモートシステムの 印刷設定 ツールへのアドホックのセキュアな接続は、「X11 転送」 の記載通りに、SSH で X11 転送を使用します。

注記

CUPS Web アプリケーションまたはコマンドラインから直接、同一および追加の動作をプリンターで実行できます。Web ブラウザーでアプリケーションにアクセスするには http://localhost:631/ を開いてください。CUPS マニュアルについては、この Web サイトの ホーム タブのリンクからご覧ください。

16.3.1. 印刷設定の設定ツールの起動

印刷設定 設定ツールを使用すると、既存のプリンターで様々な操作を実行したり、新規プリンターを設定できます。CUPS を直接使用することもできます (CUPS web アプリケーションにアクセスするには http://localhost:631/ を開きます)。
コマンドラインから 印刷設定 ツールを起動するには、シェルプロンプトで system-config-printer と入力します。この結果、印刷設定 ツールが表示されます。もしくは、GNOME デスクトップを使用している場合は、Super キーを押してアクティビティーの概要に入り、Print Settings と入力し、Enter を押します。この結果、印刷設定ツールが表示されます。Super キーはキーボードまたはその他のハードウェアに応じて様々なキーで表示されますが、通常はWindows または Command キーであり、スペースバー の左側に表示されます。
図16.1「印刷設定ウィンドウ」 にあるように 印刷設定 ウィンドウが表示されます。
印刷設定ウィンドウ

図16.1 印刷設定ウィンドウ

16.3.2. プリンター設定の開始

プリンターの設定プロセスは、プリンターキューのタイプにより異なります。
USB に接続したローカルプリンターを設定する場合は、自動的にプリンターが検出され、追加されます。インストールするパッケージの確認、管理者の指定、または root ユーザーパスワードの入力が求められます。他のポートタイプに接続したローカルプリンターやネットワークプリンターの場合は、手動で設定する必要があります。
プリンターを手動で設定するには、以下の手順に従います。
  1. 印刷設定ツールを起動します (「印刷設定の設定ツールの起動」 を参照)。
  2. サーバー新規プリンター の順にクリックします。
  3. 認証 ダイアログボックスで、管理者または root ユーザーのパスワードを入力します。リモートプリンターの初回設定時の場合は、ファイアウォールの調整の承認を求めるプロンプトが出されます。
  4. プリンターの接続タイプを選択し、右側エリアでその詳細を記入します。

16.3.3. ローカルプリンターの追加

以下の手順に従って、シリアルポート以外に接続されたローカルプリンターを追加します。
  1. 追加 プリンターダイアログを開きます (「プリンター設定の開始」 を参照)。
  2. デバイスが自動的に表示されない場合は、左側の一覧でプリンターを接続するポートを選択してください (Serial Port #1LPT #1 など)。
  3. 右側で、接続プロパティーを入力します。
    その他 の場合
    URI (例: file:/dev/lp0)
    Serial Port の場合
    通信速度
    パリティー
    データビット
    フロー制御
    ローカルプリンターの追加

    図16.2 ローカルプリンターの追加

  4. 進む をクリックします。
  5. プリンターのモデルを選択します。詳細は 「プリンターモデルの選択と完了」 を参照して下さい。

16.3.4. AppSocket/HP JetDirect プリンターの追加

以下の手順に従って AppSocket/HP JetDirect プリンターを追加します。
  1. 新規プリンター ダイアログを開きます 「印刷設定の設定ツールの起動」 を参照)。
  2. 左側の一覧で ネットワークプリンターAppSocket/HP JetDirect の順に選択します。
  3. 右側で、接続設定を入力します。
    ホスト名
    プリンターホスト名または IP アドレス。
    ポート番号
    印刷ジョブをリッスンするプリンターポート (デフォルトは 9100)
    JetDirect プリンターの追加

    図16.3 JetDirect プリンターの追加

  4. 進む をクリックします。
  5. プリンターのモデルを選択します。詳細は 「プリンターモデルの選択と完了」 を参照して下さい。

16.3.5. IPP プリンターの追加

IPP プリンターは同じ TCP/IP ネットワークにある異なるシステムに接続されているプリンターです。このプリンターが取り付けられているシステムは CUPS を実行しているか、または単に IPP を使用するように設定されているだけです。
プリンターサーバーでファイアウォールが有効な場合は、ポート 631 で受信 TCP 接続が可能になるようにファイアウォールを設定する必要があります。プロトコルを参照する CUPS により、クライアントマシンは共有 CUPS キューを自動的に検出することが可能です。これを有効にするには、クライアントマシンのファイアウォールをポート631 で受信 UDP パッケージを許可するよう設定する必要があります。
以下の手順にしたがって IPP プリンターを追加します。
  1. 新規プリンター ダイアログを開きます (「プリンター設定の開始」 を参照)。
  2. 左側のデバイスの一覧で、ネットワークプリンターInternet Printing Protocol (ipp)Internet Printing Protocol (https) の順に選択します。
  3. 右側で、接続設定を入力します。
    ホスト
    IPP プリンターのホスト名。
    キュー
    新規のキューに与えるキューの名前です (このボックスを空白のままにすると、デバイスノードに基づいた名前が使用されます)。
    IPP プリンターの追加

    図16.4 IPP プリンターの追加

  4. 進む をクリックして続けます。
  5. プリンターのモデルを選択します。詳細は 「プリンターモデルの選択と完了」 を参照して下さい。

16.3.6. LPD/LPR Host or Printer の追加

以下の手順に従って LPD/LPR ホストまたはプリンターを追加します。
  1. 新規プリンター ダイアログを開きます (「プリンター設定の開始」 を参照)。
  2. 左のデバイス一覧から、ネットワークプリンターLPD/LPR Host or Printer の順に選択します。
  3. 右側で、接続設定を入力します。
    ホスト
    LPD/LPR プリンターまたはホストのホスト名
    オプションで Probe をクリックすると、LPD ホスト上のキューを検索できます。
    キュー
    新規のキューに与えるキューの名前です (このボックスを空白のままにすると、デバイスノードに基づいた名前が使用されます)。
    LPD/LPR プリンターの追加

    図16.5 LPD/LPR プリンターの追加

  4. 進む をクリックして続けます。
  5. プリンターのモデルを選択します。詳細は 「プリンターモデルの選択と完了」 を参照して下さい。

16.3.7. Samba (SMB) プリンターの追加

Samba プリンターを追加するには、以下の手順を実行します。

注記

Samba プリンターを追加するには、samba-client パッケージをインストールしておく必要があります。これを実行するには、root で以下を実行します。
yum install samba-client
Yum を使用したパッケージのインストールの詳細は、「パッケージのインストール」 を参照して下さい。
  1. 新規プリンター ダイアログを開きます (「プリンター設定の開始」 を参照)。
  2. 左側の一覧で、ネットワークプリンターSAMBA 経由の Windows プリンター の順に選択します。
  3. smb:// フィールドに SMB アドレスを入力します。入力形式は computer name/printer share にします。図16.6「SMB プリンターの追加」 では、computer namedellboxprinter sharer2 です。
    SMB プリンターの追加

    図16.6 SMB プリンターの追加

  4. 利用できるワークグループやドメインを確認するには、閲覧する (Browse) をクリックします。特定のホストのキューだけを表示させるには、ホスト名 (NetBios 名) を入力して、閲覧する をクリックします。
  5. 以下のオプションのいずれかを選択します。
    • 認証が必要な場合はプロンプトを表示する (Prompt user if authentication is required) を選択すると、文書を印刷する際に、ユーザー名とパスワードを入力することが必要になります。
    • ここで認証の詳細を設定する (Set authentication details now) を選択すると、前もって認証情報を提供するため後で入力する必要がなくなります。ユーザー名 フィールドには、プリンターにアクセスするユーザー名を入力します。このユーザーは、SMB システムで存在している必要があり、ユーザーはプリンターへのアクセス権限を持っている必要があります。デフォルトのユーザー名は通常、Windows のサーバーでは guest、あるいは Samba サーバーでは nobody です。
  6. (必要な場合は) ユーザー名 フィールドに指定したユーザーの パスワード を入力します。

    警告

    Samba プリンターのユーザー名とパスワードは、root および lpd (Linux Printing Daemon) が読み取り可能な非暗号化ファイルとしてプリンターサーバーに保存されています。そのため、プリンターサーバーに root アクセスを持つ他のユーザーは、Samba プリンターへのアクセスに使用するユーザー名とパスワードを閲覧することができます。
    Samba プリンターへアクセスするためのユーザー名とパスワードを選択する場合は、ローカルの Red Hat Enterprise Linux システムにアクセスする時に使用するパスワードとは異なるパスワードを選ぶことをお勧めします。
    Samba プリンターサーバーで共有するファイルがある場合も、印刷キューで使用されるパスワードとは異なるパスワードを使用することが推奨されます。
  7. 確認 (Verify) をクリックし、接続をテストします。確認が成功すると、ダイアログボックスが表示され、プリンター共有のアクセスを確認します。
  8. 進む をクリックします。
  9. プリンターのモデルを選択します。詳細は 「プリンターモデルの選択と完了」 を参照して下さい。

16.3.8. プリンターモデルの選択と完了

適切なプリンターの接続タイプを選択すると、システムはドライバーを取得するよう試行します。プロセスが失敗した場合は、ドライバーリソースを手動で検索できます。
以下の手順に従い、プリンタードライバーを設定してインストールを完了します。
  1. ドライバーの自動検知が失敗すると、ウィンドウが表示されます。以下のオプションのいずれかを選択します。
    • データベースからプリンターを選択 (Select a Printer from database): システムは、製造元 の一覧から、使用するプリンターの製造元に基づきドライバーを選択します。ご使用のプリンターのモデルが一覧にない場合は、Generic を選択してください。
    • PPD ファイルを提供 (Provide PPD file): システムは備わっているポストスクリプトプリンターデスクリプション (PPD) を使用します。PPD ファイルは製造元が通常提供するプリンターに同梱されています。PPD ファイルが利用可能な場合は、このオプションを選択し、オプションの詳細の下にあるブラウザバーを使用して、PPD ファイルを選択できます。
    • ダウンロードするプリンタードライバーを検出 (Search for a printer driver to download): 製造元とプリンターモデルを 製造元とモデル フィールドに入力し、OpenPrinting.org で適切なパッケージを検索します。
    プリンターブランドの選択

    図16.7 プリンターブランドの選択

  2. 上で選択した内容により、以下に表示される詳細は異なります。
    • データベースからプリンターを選択 オプションの場合は、プリンターブランドを表示
    • PPD ファイルを提供 オプションの場合は、PPD ファイルの場所を表示
    • ダウンロードするプリンタードライバーを検出 オプションの場合は、プリンターの製造元とモデルを表示
  3. 進む をクリックして続けます。
  4. 選択したオプションが該当する場合は、図16.8「プリンターモデルの選択」 のようなウィンドウが表示されます。左側の モデル の列で該当するモデルを選択します。

    注記

    右側で、推奨される印刷ドライバーが自動的に選択されています。ただし、別の利用可能なドライバーを選ぶことも可能です。印刷ドライバーは、プリンターが理解できる形式で印刷したいデータを処理します。ローカルプリンターはご使用のコンピュータに直接つながっているため、プリンターに送られるデータを処理するプリンタードライバーが必要になります。
    プリンターモデルの選択

    図16.8 プリンターモデルの選択

  5. 進む をクリックします。
  6. プリンターの説明 (Describe Printer) の下の、プリンター名 (Printer Name) フィールドに一意のプリンター名を入力します。名前には文字、数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_) を使用できますが、スペースは 使用できません。また、説明 (Description) フィールドと 場所 (Location) フィールドに詳細情報を追加することもできます。どちらもオプションで、スペースを入れることは可能です。
    プリンターの設定

    図16.9 プリンターの設定

  7. 設定が正しければ、 適用 (Apply) をクリックして、ご使用のプリンター設定を確認し、印刷キューを追加できます。戻る (Back) をクリックすると、プリンター設定を変更できます。
  8. 変更が適用されると、テストページの印刷を行うダイアログボックスが表示されます。Yes をクリックするとテストページが印刷されます。「テストページの印刷」 の記載通りに、テストページを後で印刷することもできます。

16.3.9. テストページの印刷

プリンターを設定、またはプリンターの設定を変更した後は、テストページを印刷して、プリンターが適切に機能していることを確認します。
  1. 印刷 (Printing) ウィンドウでプリンターを右クリックし、プロパティ (Properties) をクリックします。
  2. プロパティーウィンドウで、左側の 設定 (Settings) をクリックします。
  3. 表示されている 設定 タブで、テストページの印刷 (Print Test Page) ボタンをクリックします。

16.3.10. 既存プリンターの修正

既存のプリンターを削除するには、印刷設定 ウィンドウで該当するプリンターを選択し、プリンター削除 の順に選択します。プリンターの削除を確認します。別の方法として、Delete キーを押しても削除できます。
デフォルトのプリンターを設定するには、プリンターの一覧で該当するプリンターを右クリックし、コンテキストメニューの デフォルトに設定 ボタンをクリックします。

16.3.10.1. 設定のページ

プリンターのドライバー設定を変更するには、プリンター 一覧で該当する名前をダブルクリックします。そして、左側の 設定 ラベルをクリックし、設定 ページを表示します。
製造元やモデルなどのプリンター設定の変更、テストページの印刷、デバイスの場所 (URI) の変更など行うことができます。
設定のページ

図16.10 設定のページ

16.3.10.2. ポリシーのページ

プリンターの状態や出力を変更するには、左側の ポリシー (Policies) ボタンをクリックします。
プリンターの状態を選択したり、プリンターの エラーポリシー (Error Policy) を設定できます (エラーが発生した場合は、印刷ジョブを中止、再試行、停止できます)。
バナーページ (banner page) (送信元プリンター、ジョブを開始したユーザー名、印刷中の文書のセキュリティー状態など、印刷ジョブの特徴を説明するページ) の作成も可能です。開始バナー (Starting Banner) または 終了バナー (Ending Banner) のドロップメニューをクリックし、印刷ジョブの性質に最適なオプションを選択します (秘密 (confidential) など)。
16.3.10.2.1. プリンターの共有
ポリシー ページでは、プリンターを共有すると印を付けることができます。プリンターを共有にすると、ネットワーク上で公開されているユーザーは使用できます。プリンターの共有機能を有効にするには、サーバー設定 の順にクリックし、このシステムに接続されている共有プリンターを公開 (Publish shared printers connected to this system) を選択します。
ポリシーのページ

図16.11 ポリシーのページ

ファイアウォールがポート 631 への受信 TCP 接続を許可していることを確認してください。これは Network Printing Server (IPP) プロトコル用のポートです。Red Hat Enterprise Linux 7 のファイアウォールで IPP トラフィックを許可するには、firewalldIPP サービスを使用します。これを実行するには、以下を行います。

手順16.24 firewalld での IPP サービスの有効化

  1. グラフィカルの firewall-config ツールを起動するには、Super キーを押してアクティビティーの概要に入り、firewall と入力して Enter を押します。ファイアウォールの設定 ウィンドウが開きます。次に管理者または root のパスワード入力が求められます。
    または、コマンドラインを使用してグラフィカルなファイアウォール設定ツールを起動するには、root で以下のコマンドを入力します。
    ~]# firewall-config
    ファイアウォールの設定 ウィンドウが開きます。
    ウィンドウ左下の 接続しました の表示を確認してください。これは、firewall-config ツールがユーザースペースデーモン firewalld に接続されていることを示します。
    現行のファイアウォール設定をただちに変更するには、設定 というラベルのドロップダウン選択メニューが 実行時 に設定されていることを確認します。または、システムの次回の起動時またはファイアウォールの再読み込み時に設定が適用されるように編集するには、ドロップダウンリストから 永続 を選択します。
  2. Zones (ゾーン) タブを選択してから、使用されるネットワークインターフェースに対応するファイアウォールゾーンを選択します。デフォルトは public ゾーンです。Interfaces (インターフェース) タブには、ゾーンに割り当てられたインターフェースが表示されます。
  3. Services (サービス) タブを選択してから ipp サービスを選択して共有を有効にします。ipp-client サービスがネットワークプリンターへのアクセスに必要です。
  4. firewall-config ツールを閉じます。
firewalld でのポートのオープンおよびクローズの詳細については、Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティガイド を参照してください。
16.3.10.2.2. アクセス制御のページ
アクセス制御 ページで設定したプリンターへのユーザーレベルのアクセスを変更できます。左側の アクセス制御 (Access Control) のラベルをクリックするとページが表示されます。次のユーザーを除いて全員に印刷を許可する (Allow printing for everyone except these users) または 次のユーザー以外の印刷を拒否する (Deny printing for everyone except these users) のどちらかを選択し、以下のようにユーザーセットを定義します。テキストボックスにユーザー名を入力し、追加 (Add) ボタンをクリックしてユーザーセットにユーザーを追加します。
アクセス制御のページ

図16.12 アクセス制御のページ

16.3.10.2.3. プリンターオプションのページ
プリンターオプション (Printer Options) ページにはプリンターのメディアや出力の様々な設定オプションがあります。内容はプリンターごとに異なる場合があります。一般的な印刷の用紙、品質、サイズ設定が含まれます。
プリンターオプションのページ

図16.13 プリンターオプションのページ

16.3.10.2.4. ジョブオプションのページ
ジョブオプション (Job Options) ページでは、プリンタージョブのオプションの詳細を設定できます。左側の ジョブオプション をクリックすると、ページが表示されます。デフォルト設定を編集し、部数、印刷の向き、スライドごとのページ、拡大縮小 (印刷可能領域のサイズを拡大または縮小して、サイズが印刷領域を超えるものを印刷媒体である用紙に合うようにします)、テキストオプションなど、カスタムのジョブオプションを適用します。
ジョブオプションのページ

図16.14 ジョブオプションのページ

16.3.10.2.5. インク/トナーのレベルのページ
インク/トナーのレベル (Ink/Toner Levels) ページには、トナーの状態の詳細 (該当する場合)、およびプリンターの状態のメッセージが表示されます。左側の インク/トナーレベル のラベルをクリックすると、ページが表示されます。
インク/トナーのレベルのページ

図16.15 インク/トナーのレベルのページ

16.3.10.3. 印刷ジョブの管理

Emacs からのテキストファイルの印刷、GIMP からの画像の印刷など、プリンターデーモンに印刷ジョブを送ると、印刷ジョブは印刷のスプールキューに追加されます。印刷のスプールキューはプリンターに送られた印刷ジョブの一覧で、各印刷要求に関する情報 (印刷要求の状態、ジョブ番号など) を表示します。
印刷が処理されている間、プリンター状態のアイコンがパネルの 通知領域 に表示されます。そのプリンター状態をクリックすると、図16.16「GNOME 印刷の状態」 のようなウィンドウが表示され、印刷ジョブの状態を確認できます。
GNOME 印刷の状態

図16.16 GNOME 印刷の状態

印刷ジョブをキャンセル、保留、解除、再印刷、認証するためには、GNOME 印刷の状態 (GNOME Print Status) でジョブを選択し、ジョブ メニューでそれぞれコマンドをクリックします。
シェルプロンプトから印刷スプールの印刷ジョブの一覧を表示させるには、lpstat -o コマンドを入力します。最後の数行は以下のようになります。

例16.15 lpstat -o 出力の例

$ lpstat -o
Charlie-60              twaugh            1024   Tue 08 Feb 2011 16:42:11 GMT
Aaron-61                twaugh            1024   Tue 08 Feb 2011 16:42:44 GMT
Ben-62                  root              1024   Tue 08 Feb 2011 16:45:42 GMT
印刷ジョブをキャンセルする場合は、lpstat -o コマンドを使用して該当するジョブ番号を見つけます。その後 cancel ジョブ番号 コマンドを使用します。たとえば、cancel 60 の場合は、例16.15「lpstat -o 出力の例」 の印刷ジョブを取り消します。他のユーザーが開始した印刷ジョブを cancel コマンドでキャンセルすることはできませんが、cancel -U root job_number コマンドを使用して、強制的にジョブを削除することはできます。このようなキャンセルは、プリンターの操作ポリシーを 認証済 に変更し、root 認証を強制することで、禁止することができます。
シェルプロンプトから直接ファイルを印刷することもできます。たとえば lp sample.txt コマンドはテキストファイル sample.txt を印刷します。印刷フィルターはファイルのタイプを決定し、プリンターが理解できる形式に変換します。

16.3.11. 関連資料

Red Hat Enterprise Linux の印刷に関する詳細は、以下の資料を参照して下さい。

インストールされているドキュメント

  • lp(1): コマンドラインからのファイルの印刷を可能にする lp コマンドの man ページです。
  • lpr(1): コマンドラインからのファイルの出力を可能にする lpr コマンドの man ページです。
  • cancel(1): 印刷キューから印刷ジョブを削除するためのコマンドユーティリティーの man ページです。
  • mpage(1): 1 枚の用紙に複数ページを印刷するためのコマンドラインユーティリティーの man ページです。
  • cupsd(8): CUPS プリンターデーモンの man ページです。
  • cupsd.conf(5): CUPS プリンターデーモンの設定ファイルの man ページです。
  • classes.conf(5): CUPS のクラス設定ファイルの man ページです。
  • lpstat(1): クラス、ジョブ、プリンターなどの状態情報を表示する lpstat コマンドの man ページです。

オンラインのドキュメント

  • http://www.linuxprinting.org/: Linux Foundation web サイトの OpenPrinting グループには、Linux の印刷に関する豊富な情報が記載されています。
  • http://www.cups.org/: CUPS web サイトでは、CUPS のドキュメンテーション、FAQ、およびニュースグループについて記載しています。