Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.2.2.3. TLS を使用した vsftpd 接続の暗号化

ユーザー名、パスワード、およびデータを暗号化せずに送信する FTP の従来の不安定な性質に対抗するために、vsftpd デーモンは TLS プロトコルを使用して接続を認証し、すべての送信を暗号化するように設定できます。TLS をサポートする FTP クライアントは、TLS が有効になっている vsftpd と通信する必要があることに注意してください。

注記

SSL (Secure Sockets Layer) は、セキュリティープロトコルの古い実装の名前です。新規のバージョンは TLS (Transport Layer Security) と呼ばれています。SSL にはセキュリティーに関する深刻な脆弱性があるため、新規のバージョン (TLS) のみを使用してください。vsftpd サーバーに付随するドキュメントや vsftpd.conf ファイルで使用される設定ディレクティブでは、セキュリティー関連の項目を参照する際に SSL の名前を使用しますが、TLS はサポートされており、ssl_enable ディレクティブが YES に設定されているときにデフォルトで使用されています。

vsftpd.conf ファイルの ssl_enable 設定ディレクティブを YES に設定して、TLS サポートを有効にします。ssl_enable オプションが有効になると自動的にアクティブになる、その他の TLS関連のディレクティブのデフォルト設定により、合理的に適切に設定された TLS のセットアップが提供されます。たとえば、全接続に TLS v1 プロトコルの使用を必須とする (安全でない SSL プロトコルバージョンはデフォルトで無効になります) ことや、非匿名の全ログインでパスワードおよびデータ送信での TLS の使用を強制することなどです。

例16.14 TLS を使用するように vsftpd の設定

以下の例では、設定ディレクティブは vsftpd.conf ファイルでセキュリティープロトコルの古い SSL バージョンを明示的に無効にします。

ssl_enable=YES
ssl_tlsv1=YES
ssl_sslv2=NO
ssl_sslv3=NO

設定を変更したら、vsftpd サービスを再起動します。

~]# systemctl restart vsftpd.service

vsftpdTLS の使用を調整するためのその他の TLS 関連の設定ディレクティブについては、vsftpd.conf(5) マニュアルページを参照してください。