Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.4.2.3. ローカルロックファイルの指定

ロックファイルは、Procmail で複数のプロセスが 1 つのメッセージを同時に変更しないようにするために非常に役立ちます。ローカルロックファイルを指定するには、レシピの 1 行目の任意のフラグの後にコロン (:) を追加します。これにより、送信先のファイル名に基づいたローカルロックファイルと、LOCKEXT のグローバル環境変数で設定されたものすべてが作成されます。

別の方法としては、このレシピで使用するローカルロックファイルの名前をコロンの後に指定します。