Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.4.2.2. フラグ

フラグは、レシピの条件をメッセージに照合する方法、またはそれを行うかどうかを決定するにあたって不可欠です。egrep ユーティリティーは、条件の照合のために内部で使用されます。一般的に使用されるフラグは以下のとおりです。

  • A: Aa のフラグが付いていない以前のレシピもこのメッセージに適合する場合にのみ、このレシピが使用されることを指定します。
  • a: Aa のフラグが付いた以前のレシピもこのメッセージに適合し、かつ 正常に完了した場合にのみこのレシピが使用されることを指定します。
  • B: メッセージの本文を解析し、適合する条件を検索します。
  • b: ファイルへのメッセージの書き込みや転送など、結果として生じるアクションにその本文を使用します。これはデフォルトの動作です。
  • c —電子メールのカーボンコピーを生成します。必要なアクションをメッセージで実行し、メッセージのコピーは rc のファイル内で引き続き処理することができるため、レシピの配信に役立ちます。
  • D: egrep の照合で大文字と小文字を区別します。デフォルトでは、照合プロセスでは大文字と小文字を区別していません。
  • E: A フラグと類似していますが、レシピ内の条件は、直前にある E フラグなしのレシピが適合しない場合のみに、メッセージと照合されます。これは else アクションと類似しています。
  • e: 直前のレシピで指定されたアクションが失敗した場合のみ、レシピがメッセージに照合されます。
  • f: フィルターとしてパイプを使用します。
  • H: メッセージのヘッダーを解析し、適合する条件を検索します。これはデフォルトの動作です。
  • h: 結果として生じるアクションでヘッダーを使用します。これはデフォルトの動作です。
  • w: Procmail に対して、指定されたフィルターまたはプログラムが終了するのを待ち、メッセージがフィルターされたとみなす前に正常に終了したかどうかを報告するよう指示します。
  • W: 「プログラム障害」のメッセージが抑制されている点を除いては w と同じです。

その他のフラグの詳細な一覧は、procmailrc man ページを参照してください。