Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.3.3.4. ユーザーオプション

ユーザーオプションは、サーバーオプションの下の各行に置かれる場合と、サーバーオプションと同じ行に置かれる場合があります。いずれの場合も、定義されるオプションは user オプション (以下で説明) に従う必要があります。

  • fetchall: 既読メッセージを含め Fetchmail がキューにあるすべてのメッセージをダウンロードするように命令します。デフォルトでは、Fetchmail は新規メッセージのみをダウンロードするようになっています。
  • fetchlimit number: number を、停止する前に取得するメッセージ数に置き換えます。
  • flush: 新規メッセージを取得する前に、キューにあるすべての既読メッセージを削除します。
  • limit max-number-bytes: max-number-bytes を、Fetchmail で取得する時に許容されているメッセージの最大バイトサイズに置き換えます。このオプションでは低速のネットワークリンクが提供されるため、サイズが大きいメッセージのダウンロードに時間がかかりすぎる場合に有用です。
  • password 'password': password を、ユーザーのパスワードに置き換えます。
  • preconnect "command": command を、ユーザー宛のメッセージを取得する前に実行するコマンドに置き換えます。
  • postconnect "command": command を、ユーザー宛のメッセージを取得した後に実行するコマンドに置き換えます。
  • ssl: SSL 暗号化を有効にします。この英語版が公開された時点で、デフォルトのアクションでは SSL2SSL3SSL23TLS1TLS1.1、および TLS1.2 から最良のものを使用します。SSL2 は廃止されたものと見なされ、POODLE: SSLv3 脆弱性 (CVE-2014-3566) のため、SSLv3 を使用しないようにする必要があります。ただし、TLS1 以降の使用を強制できないため、接続するメールサーバーが SSLv2SSLv3使用しないよう設定する必要があります。サーバーが SSLv2 および SSLv3 を使用しないように設定できな場合は、stunnel を使用します。
  • sslproto: 許可された SSL プロトコルまたは TLS プロトコルを定義します。可能な値は SSL2SSL3SSL23、および TLS1 です。sslproto が省略された場合、未設定の場合、または無効な値に設定された場合のデフォルトの値は SSL23 です。デフォルトのアクションは SSLv2SSLv3TLSv1TLS1.1、および TLS1.2 から最適なものを使用します。SSL または TLS の他の値を設定すると、他のすべてのプロトコルが無効になることに注意してください。POODLE: SSLv3 脆弱性 (CVE-2014-3566) のため、このオプションを省略するか、SSLv23 に設定し、対応するメールサーバーが SSLv2SSLv3使用しないよう設定することが推奨されます。サーバーが SSLv2 および SSLv3 を使用しないように設定できな場合は、stunnel を使用します。
  • user "username": username を、Fetchmail がメッセージの取得に使用するユーザー名に置き換えます。このオプションは、他のすべてのユーザーオプションの前に付ける必要があります。