Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.17.5. ブロードキャストまたはマルチキャストサーバーアドレスの追加

送信用のブロードキャストまたはマルチキャストアドレス、つまり NTP パケットをブロードキャストまたはマルチキャストする宛先のアドレスを追加 するには、ntp.conf ファイルの broadcast コマンドを利用します。

ブロードキャストおよびマルチキャストの両モードは、デフォルトで認証を必要とします。「NTP の認証オプション」 を参照してください。

broadcast コマンドは以下の形式になります。

broadcast address

ここでの address は、パケットの送信先となる IP ブロードキャストまたはマルチキャストアドレスになります。

このコマンドは、システムが NTP ブロードキャストサーバーとして作動するように設定します。使用するアドレスは、ブロードキャストかマルチキャストアドレスである必要があります。ブロードキャストアドレスの場合は、IPv4 アドレス 255.255.255.255 を意味します。デフォルトでは、ルーターはブロードキャストメッセージを渡しません。マルチキャストアドレスの場合は、IPv4 Class D アドレスか IPv6 アドレスになります。IANA は IPv4 マルチキャストアドレス 224.0.1.1IPv6 アドレス FF05::101 (サイトローカル) を NTP に割り当てています。RFC 2365 Administratively Scoped IP Multicast の説明にあるように、管理者が範囲指定した IPv4 マルチキャストアドレスも使用可能です。