Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.3.4. グループディレクトリーの作成

システム管理者は、通常、主要なプロジェクトに対してそれぞれグループを作成し、そのプロジェクトのファイルにアクセスする必要がある場合に、そのユーザーをグループに割り当てる傾向があります。こうした従来型のスキームの場合は、誰かがファイルを作成すると、そのユーザーが属するプライマリーグループにそのファイルが関連付けられるため、ファイル管理は困難になります。このため、1 人のユーザーが複数のプロジェクトに関わっている場合に、正しいファイルを正しいグループに関連付けることは難しくなります。一方、UPG スキームを使用すると、グループは setgid ビットセットを持つディレクトリーに作成されたファイルに自動的に割り当てられます。setgid ビットにより、共通のディレクトリーを共有するグループプロジェクトを非常に簡単に管理できます。ユーザーがディレクトリー内で作成するすべてのファイルは、ディレクトリーを所有するグループが所有するためです。

たとえば、あるグループが /opt/myproject/ ディレクトリーのファイルを作業する必要があるとします。グループの中には、このディレクトリーのコンテンツの修正を信頼して任せられる人もいますが、全員ではありません。

  1. root で以下のコマンドを実行して、/opt/myproject/ ディレクトリーを作成します。

    mkdir /opt/myproject
  2. myproject グループをシステムに追加します。

    groupadd myproject
  3. /opt/myproject/ ディレクトリーのコンテンツを、myproject グループに関連付けます。

    chown root:myproject /opt/myproject
  4. グループのユーザーがそのディレクトリーにファイルを作成し、setgid ビットを設定できるようにします。

    chmod 2775 /opt/myproject

    この設定により、ユーザーがファイルを作成するたびに、管理者がファイルのパーミッションを変更しなくても、myproject グループの全メンバーが /opt/myproject/ ディレクトリーにファイルを作成および編集できます。パーミッションが正しく設定されていることを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    ~]# ls -ld /opt/myproject
    drwxrwsr-x. 3 root myproject 4096 Mar 3 18:31 /opt/myproject
  5. myproject グループにユーザーを追加します。

    usermod -aG myproject username