Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.5.3. lscpu コマンドの使用

lscpu コマンドを使用すると、CPU の数、アーキテクチャー、ベンダー、ファミリー、モデル、CPU キャッシュなど、システムに存在する CPU に関する情報を一覧表示できます。シェルプロンプトで以下を入力してください。

lscpu

以下に例を示します。

~]$ lscpu
Architecture:     x86_64
CPU op-mode(s):    32-bit, 64-bit
Byte Order:      Little Endian
CPU(s):        4
On-line CPU(s) list:  0-3
Thread(s) per core:  1
Core(s) per socket:  4
Socket(s):       1
NUMA node(s):     1
Vendor ID:       GenuineIntel
CPU family:      6
Model:         23
Stepping:       7
CPU MHz:        1998.000
BogoMIPS:       4999.98
Virtualization:    VT-x
L1d cache:       32K
L1i cache:       32K
L2 cache:       3072K
NUMA node0 CPU(s):   0-3

利用可能なコマンドラインオプションの一覧は、lscpu(1) の man ページを参照してください。