Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.3.3. sftp ユーティリティーの使用

sftp ユーティリティーを使用すると、セキュアでインタラクティブな FTP セッションを開始することができます。その設計では、ftp と似ていますが、暗号化された接続を使用します。

リモートシステムに接続するには、以下の形式でコマンドを使用します。

sftp username@hostname

たとえば penguin.example.com という名前のリモートマシンに USER というユーザー名でログインするには、以下のように入力します。

~]$ sftp USER@penguin.example.com
USER@penguin.example.com's password:
Connected to penguin.example.com.
sftp>

正しいパスワードを入力すると、プロンプトが表示されます。sftp ユーティリティーは、ftp で使用されるコマンドセットと同様のものを使用します( 表12.3「利用可能な sftp コマンドの抜粋」を参照)。

表12.3 利用可能な sftp コマンドの抜粋

コマンド詳細

ls [directory]

リモート directory の内容を一覧表示します。指定がない場合は、デフォルトで現在の作業ディレクトリーが使用されます。

cd directory

リモートの作業ディレクトリーを directory に変更します。

mkdir ディレクトリー

リモートの directory を作成します。

rmdir path

リモートの directory を削除します。

put localfile [remotefile]

localfile をリモートマシンに転送します。

get remotefile [localfile]

remotefile をリモートマシンから転送します。

利用可能なコマンドの詳細リストは、 sftp(1) の man ページを参照してください。