Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.2.3. 関連資料

vsftpd の詳細情報は、以下の参考資料をご覧ください。

16.2.3.1. インストールされているドキュメント

  • /usr/share/doc/vsftpd-version-number/ ディレクトリー: version-number を、インストールした vsftpd パッケージのバージョンに置き換えます。このディレクトリーには、ソフトウェアの基本情報を記載した README ファイルが格納されています。TUNING ファイルには基本的なパフォーマンス調整のヒント、そして SECURITY/ ディレクトリーには vsftpd で使用されているセキュリティーモデルに関する情報が含まれています。
  • vsftpd 関連の man ページ: デーモンおよび設定ファイルに関する man ページは多数あります。以下は、その中でも重要な man ページです。

    サーバーアプリケーション
    {blank}
    • vsftpd(8): vsftpd で利用可能なコマンドラインオプションを説明しています。
    設定ファイル
    {blank}
    • vsftpd.conf(5): vsftpd の設定ファイル内で利用可能なオプションの詳細な一覧を格納しています。
    • hosts_access(5): hosts.allow および hosts.denyTCP ラッパーの設定ファイルで利用可能なフォーマットとオプションを説明します。
    SELinux とのインタラクション
    {blank}
    • ftpd_selinux(8): ftpd プロセスを管理する SELinux ポリシーと、SELinux ラベルの割り当て方法、およびブール値セットが説明されています。