Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. グラフィカル環境でのユーザーの管理

Users ユーティリティーは、グラフィカルユーザーインターフェースで、ローカルユーザーを表示、編集、追加、削除できます。

4.2.1. ユーザー設定ツールの使用

Super キーを押してアクティビティーの概要に入り、Users と入力して Enter を押します。ユーザー 設定ツールが表示されます。Super キーはキーボードや他のハードウェアによって外見が異なりますが、通常はスペースバーの左側にある Windows キーまたは Command キーになります。また、画面の右上にある自分のユーザー名をクリックし、設定メニューから ユーザー ユーティリティーを開くこともできます。

ユーザーアカウントに変更を加えるには、最初に Unlock (ロック解除) ボタンを選択し、表示されたダイアログボックスに従って自身を認証します。スーパーユーザー特権がない場合は、root で認証するよう求められます。ユーザーを追加および削除するには、+ ボタンと - ボタンをそれぞれクリックします。管理グループ wheel にユーザーを追加するには、アカウントの種類を Standard から Administrator に変更します。ユーザーの言語設定を編集するには、言語を選択します (ドロップダウンメニューが表示されます)。

図4.1 ユーザー設定ツール

ユーザー設定ツール

新しいユーザーを作成しても、パスワードを設定するまでアカウントは無効になります。図4.2「パスワードメニュー」 に示されるパスワードドロップダウンメニューには、管理者が直ちにパスワードを設定するオプションが含まれます。初回のログイン時にユーザーがパスワードを選択するか、ログインパスワードなしでゲストアカウントを作成します。また、このメニューからアカウントを無効または有効にすることもできます。

図4.2 パスワードメニュー

パスワードメニュー