18.8. うるう秒の概要

グリニッジ標準時 (GMT) は太陽日の測定から導き出されており、これは地球の自転に依存しています。原子時計が最初に作成された際に、より正確な時間の定義が可能になりました。1958 年に国際原子時 (TAI) がより正確で安定的な原子時計を基に導入されました。さらに正確な天文時である世界時 1 (UT1) も導入され、GMT に代わるものとなりました。実際、原子時計は地球の自転よりもはるかに安定しているので、この 2 つの時間の差異が広がり始めました。これが理由で、現実的な方法として UTC が導入されました。これは UT1 の 1 秒以内に維持されますが、わずかな調整を何度も行うことを避けるため、うるう秒 の概念を導入し、管理可能な方法でこの差異を調整することにしました。UT1 と UTC の差異は、0.5 秒以上になるまで監視されます。1 秒進めるまたは遅らす調整が必要とみなされた場合にのみ、これが実行されます。地球の自転速度は不規則なため、長期の将来にわたって調整の必要性を予測することはできません。調整をいつ行うかについては、国際地球回転・基準系事業 (IERS) が判断します。しかし、NTP は保留中のうるう秒についての情報を転送し、これらを自動的に適用するので、この発表が重要となるのは、Stratum 1 サーバーの管理者のみになります。