21.5. ハードウェア情報の表示

21.5.1. lspci コマンドの使用

lspci コマンドは、PCI バスおよびそれらに接続されているデバイスの情報を表示します。システム内にあるすべての PCI デバイスを一覧表示するには、シェルプロンプトで以下を入力してください。

lspci

これは、以下のようにデバイスのシンプルな一覧を表示します。

~]$ lspci
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation 82X38/X48 Express DRAM Controller
00:01.0 PCI bridge: Intel Corporation 82X38/X48 Express Host-Primary PCI Express Bridge
00:1a.0 USB Controller: Intel Corporation 82801I (ICH9 Family) USB UHCI Controller #4 (rev 02)
00:1a.1 USB Controller: Intel Corporation 82801I (ICH9 Family) USB UHCI Controller #5 (rev 02)
00:1a.2 USB Controller: Intel Corporation 82801I (ICH9 Family) USB UHCI Controller #6 (rev 02)
[output truncated]

-v コマンドラインオプションを使用して詳細の出力を表示することもできます。詳細の出力には -vv を指定することもできます。

lspci -v|-vv

たとえば、システムのビデオカードの製造元やモデル、メモリサイズを確認するには、以下を入力します。

~]$ lspci -v
[output truncated]

01:00.0 VGA compatible controller: nVidia Corporation G84 [Quadro FX 370] (rev a1) (prog-if 00 [VGA controller])
    Subsystem: nVidia Corporation Device 0491
    Physical Slot: 2
    Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 16
    Memory at f2000000 (32-bit, non-prefetchable) [size=16M]
    Memory at e0000000 (64-bit, prefetchable) [size=256M]
    Memory at f0000000 (64-bit, non-prefetchable) [size=32M]
    I/O ports at 1100 [size=128]
    Expansion ROM at <unassigned> [disabled]
    Capabilities: <access denied>
    Kernel driver in use: nouveau
    Kernel modules: nouveau, nvidiafb

[output truncated]

利用可能なコマンドラインオプションの一覧は、lspci(8) の man ページを参照してください。

21.5.2. lsusb コマンドの使用

lsusb コマンドは、USB バスおよびそれらに接続されているデバイスの情報を表示します。システム内にあるすべての USB デバイスを一覧表示するには、シェルプロンプトで以下を入力してください。

lsusb

これは、以下のようにデバイスのシンプルな一覧を表示します。

~]$ lsusb
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
[output truncated]
Bus 001 Device 002: ID 0bda:0151 Realtek Semiconductor Corp. Mass Storage Device (Multicard Reader)
Bus 008 Device 002: ID 03f0:2c24 Hewlett-Packard Logitech M-UAL-96 Mouse
Bus 008 Device 003: ID 04b3:3025 IBM Corp.

-v コマンドラインオプションを使用すると、さらに詳細な出力を表示することもできます。

lsusb -v

たとえば、以下のようになります。

~]$ lsusb -v
[output truncated]

Bus 008 Device 002: ID 03f0:2c24 Hewlett-Packard Logitech M-UAL-96 Mouse
Device Descriptor:
 bLength        18
 bDescriptorType     1
 bcdUSB        2.00
 bDeviceClass      0 (Defined at Interface level)
 bDeviceSubClass     0
 bDeviceProtocol     0
 bMaxPacketSize0     8
 idVendor      0x03f0 Hewlett-Packard
 idProduct     0x2c24 Logitech M-UAL-96 Mouse
 bcdDevice      31.00
 iManufacturer      1
 iProduct        2
 iSerial         0
 bNumConfigurations   1
 Configuration Descriptor:
  bLength         9
  bDescriptorType     2
[output truncated]

利用可能なコマンドラインオプションの一覧は、lsusb(8) の man ページを参照してください。

21.5.3. lscpu コマンドの使用

lscpu コマンドを使用すると、CPU の数、アーキテクチャー、ベンダー、ファミリー、モデル、CPU キャッシュなど、システムに存在する CPU に関する情報を一覧表示できます。シェルプロンプトで以下を入力してください。

lscpu

以下に例を示します。

~]$ lscpu
Architecture:     x86_64
CPU op-mode(s):    32-bit, 64-bit
Byte Order:      Little Endian
CPU(s):        4
On-line CPU(s) list:  0-3
Thread(s) per core:  1
Core(s) per socket:  4
Socket(s):       1
NUMA node(s):     1
Vendor ID:       GenuineIntel
CPU family:      6
Model:         23
Stepping:       7
CPU MHz:        1998.000
BogoMIPS:       4999.98
Virtualization:    VT-x
L1d cache:       32K
L1i cache:       32K
L2 cache:       3072K
NUMA node0 CPU(s):   0-3

利用可能なコマンドラインオプションの一覧は、lscpu(1) の man ページを参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。