Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.4. ブロックデバイスとファイルシステムの表示

21.4.1. lsblk コマンドの使用

lsblk コマンドを使用すると、利用可能なブロックデバイスの一覧を表示できます。blkid コマンドよりも詳細な情報が提供され、出力フォーマットを細かく制御できるようになります。udev から情報を読み取るため、root 以外のユーザーも使用できます。ブロックデバイスの一覧を表示するには、シェルプロンプトで以下のコマンドを入力します。

lsblk

一覧表示された各ブロックデバイスについて lsblk コマンドが表示するのは次のとおりです。デバイス名 (NAME)、メジャーデバイス番号 (MAJ:MIN) およびマイナーデバイス番号 (MAJ:MIN) を表示します。デバイスが読み取り専用 (RO) の場合は、そのサイズ (SIZE)、そのタイプ (TYPE)、デバイスがマウントされている場所 (MOUNTPOINT) が表示されます。以下に例を示します。

~]$ lsblk
NAME           MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0            11:0  1 1024M 0 rom
vda            252:0  0  20G 0 rom
|-vda1          252:1  0  500M 0 part /boot
`-vda2          252:2  0 19.5G 0 part
 |-vg_kvm-lv_root (dm-0) 253:0  0  18G 0 lvm /
 `-vg_kvm-lv_swap (dm-1) 253:1  0  1.5G 0 lvm [SWAP]

デフォルトでは、lsblk はツリーのような形式でブロックデバイスを一覧表示します。情報を通常のリストとして表示するには、-l コマンドラインオプションを追加します。

lsblk -l

たとえば、以下のようになります。

~]$ lsblk -l
NAME         MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0          11:0  1 1024M 0 rom
vda          252:0  0  20G 0 rom
vda1         252:1  0  500M 0 part /boot
vda2         252:2  0 19.5G 0 part
vg_kvm-lv_root (dm-0) 253:0  0  18G 0 lvm /
vg_kvm-lv_swap (dm-1) 253:1  0  1.5G 0 lvm [SWAP]

利用可能なコマンドラインオプションの一覧は、lsblk(8) の man ページを参照してください。