Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.3. OpenSSH クライアント

クライアントマシンから OpenSSH サーバーに接続するには、openssh-clients パッケージがインストールされている必要があります (Red Hat Enterprise Linux に新規パッケージをインストールする方法については 「パッケージのインストール」 を参照して下さい)。

12.3.1. ssh ユーティリティーの使用

ssh ユーティリティーを使用すると、リモートマシンにログインしてそのマシン上でコマンドを実行することできます。これは、rloginrsh および telnet プログラムに代わるセキュアな手段です。
telnet コマンドと同様に、以下のコマンドを使用してリモートマシンにログインします。
ssh hostname
たとえば、penguin.example.com という名前のリモートマシンにログインするには、シェルプロンプトで以下を入力します。
~]$ ssh penguin.example.com
これで、ローカルマシンで使用しているユーザー名でログインします。別のユーザー名を指定する場合には、以下の形式のコマンドを使用してください。
ssh username@hostname
たとえば、USER として penguin.example.com にログインするには、以下のように入力します。
~]$ ssh USER@penguin.example.com
初回接続時には、以下のようなメッセージが表示されます。
The authenticity of host 'penguin.example.com' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:vuGKK9dsW34zrZzwjl5g+vOE6EZQvHRQ8zObKYO2mW4.
ECDSA key fingerprint is MD5:7e:15:c3:03:4d:e1:dd:ee:99:dc:3e:f4:b9:67:6b:62.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?
このダイアログの質問に答える前に、常にフィンガープリントが正しいか確認してください。ユーザーは、鍵が正しいかサーバー管理者に尋ねることができます。これは、安全で事前に合意した方法で行う必要があります。サーバーのホスト鍵にユーザーがアクセスできる場合、フィンガープリントは以下のように ssh-keygen コマンドを使用することで確認できます。
~]# ssh-keygen -l -f /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key.pub
SHA256:vuGKK9dsW34zrZzwjl5g+vOE6EZQvHRQ8zObKYO2mW4

注記

以前のバージョンでデフォルトのフィンガープリントだった MD5 鍵フィンガープリントを取得するには、-E md5 オプションと共に ssh-keygen コマンドを使用します。以下に例を示します。
~]# ssh-keygen -l -f /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key.pub -EM md5
MD5:7e:15:c3:03:4d:e1:dd:ee:99:dc:3e:f4:b9:67:6b:62
yes と入力して鍵を受け入れ、接続を確定します。サーバーが既知ホストの一覧に追加されたことを知らせるメッセージと、パスワードの入力を求めるプロンプトが以下のように表示されます。
Warning: Permanently added 'penguin.example.com' (ECDSA) to the list of known hosts.
USER@penguin.example.com's password:

重要

SSH サーバーのホスト鍵が変更された場合、クライアントはサーバーのホスト鍵が ~/.ssh/known_hosts ファイルから削除されるまで接続を開始できないことをユーザーに知らせます。ただし、これを実行する前に、SSH サーバーのシステム管理者に連絡して、サーバーが被害を受けていないことを確認してください。
~/.ssh/known_hosts ファイルから鍵を削除するには、以下のようにコマンドを発行します。
~]# ssh-keygen -R penguin.example.com
# Host penguin.example.com found: line 15 type ECDSA
/home/USER/.ssh/known_hosts updated.
Original contents retained as /home/USER/.ssh/known_hosts.old
パスワードを入力すると、リモートマシン用のシェルプロンプトが表示されます。
別の方法として、シェルプロンプトにログインせずに、ssh プログラムを使用してリモートマシン上でコマンドを実行することができます。
ssh [username@]hostname command
たとえば、/etc/redhat-release ファイルは Red Hat Enterprise Linux のバージョンに関する情報を提供します。penguin.example.com でこのファイルの内容を表示するには、以下を入力します。
~]$ ssh USER@penguin.example.com cat /etc/redhat-release
USER@penguin.example.com's password:
Red Hat Enterprise Linux Server release 7.0 (Maipo)
正しいパスワードを入力すると、ユーザー名が表示され、ローカルのシェルプロンプトに戻ります。

12.3.2. scp ユーティリティーの使用

scp を使用すると、暗号化されたセキュアな接続でマシン間のファイル転送を行うことができます。設計に関しては、rcp と非常に似ています。
ローカルファイルをリモートシステムへ転送するには、以下の形式でコマンドを使用します。
scp localfile username@hostname:remotefile
たとえば、taglist.vimpenguin.example.com という名前のリモートマシンに転送したい場合は、シェルプロンプトで以下のように入力します。
~]$ scp taglist.vim USER@penguin.example.com:.vim/plugin/taglist.vim
USER@penguin.example.com's password:
taglist.vim                                   100%  144KB 144.5KB/s   00:00
一度に複数のファイルを指定することも可能です。.vim/plugin/ の内容を penguin.example.com のリモートマシン上の同じディレクトリーに転送するには、以下のコマンドを入力します。
~]$ scp .vim/plugin/* USER@penguin.example.com:.vim/plugin/
USER@penguin.example.com's password:
closetag.vim                                  100%   13KB  12.6KB/s   00:00
snippetsEmu.vim                               100%   33KB  33.1KB/s   00:00
taglist.vim                                   100%  144KB 144.5KB/s   00:00
リモートファイルをローカルシステムへ転送するには、以下の構文を使用します。
scp username@hostname:remotefile localfile
たとえば .vimrc 設定ファイルをリモートマシンからダウンロードするには、以下のように入力します。
~]$ scp USER@penguin.example.com:.vimrc .vimrc
USER@penguin.example.com's password:
.vimrc                                        100% 2233     2.2KB/s   00:00

12.3.3. sftp ユーティリティーの使用

sftp ユーティリティーを使用すると、セキュアでインタラクティブな FTP セッションを開始することができます。設計に関しては、暗号化されたセキュアな接続を使用する以外は ftp と似ています。
リモートシステムに接続するには、以下の形式でコマンドを使用します。
sftp username@hostname
たとえば penguin.example.com という名前のリモートマシンに USER というユーザー名でログインするには、以下のように入力します。
~]$ sftp USER@penguin.example.com
USER@penguin.example.com's password:
Connected to penguin.example.com.
sftp>
正しいパスワードを入力すると、プロンプトが表示されます。sftp ユーティリティーは、ftp で使用されるコマンドセットと同様のものを使用します (表12.3「利用可能な sftp コマンドの抜粋」 を参照)。

表12.3 利用可能な sftp コマンドの抜粋

コマンド詳細
ls [directory]リモート directory の内容を一覧表示します。指定がない場合は、デフォルトで現在の作業ディレクトリーが使用されます。
cd directoryリモートの作業ディレクトリーを directory に変更します。
mkdir directoryリモートの directory を作成します。
rmdir pathリモートの directory を削除します。
put localfile [remotefile]localfile をリモートマシンに転送します。
get remotefile [localfile]remotefile をリモートマシンから転送します。
利用可能なコマンドの詳細リストは、 sftp(1) の man ページを参照してください。