Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.3.10.3. 印刷ジョブの管理

Emacs からのテキストファイルの印刷、GIMP からの画像の印刷など、プリンターデーモンに印刷ジョブを送ると、印刷ジョブは印刷のスプールキューに追加されます。印刷のスプールキューはプリンターに送られた印刷ジョブの一覧で、各印刷要求に関する情報 (印刷要求の状態、ジョブ番号など) を表示します。

印刷が処理されている間、Printer Status のアイコンがパネルの Notification Area に表示されます。印刷ジョブのステータスを確認するには、Printer Status をクリックすると、図16.16「GNOME 印刷の状態」 のようなウィンドウが表示されます。

図16.16 GNOME 印刷の状態

GNOME 印刷の状態

印刷ジョブをキャンセル、保留、解除、再印刷、認証するためには、GNOME Print Status でジョブを選択し、ジョブメニューでそれぞれコマンドをクリックします。

シェルプロンプトから印刷スプールの印刷ジョブの一覧を表示させるには、lpstat -o コマンドを入力します。最後の数行は以下のようになります。

例16.15 lpstat -o 出力の例

$ lpstat -o
Charlie-60       twaugh      1024  Tue 08 Feb 2011 16:42:11 GMT
Aaron-61        twaugh      1024  Tue 08 Feb 2011 16:42:44 GMT
Ben-62         root       1024  Tue 08 Feb 2011 16:45:42 GMT

印刷ジョブをキャンセルするには、コマンド lpstat -o コマンドで要求のジョブ番号を見つけ、cancel job number を使用します。たとえば、cancel 60例16.15「lpstat -o 出力の例」 で印刷ジョブをキャンセルします。cancel コマンドでは、その他のユーザーによって開始された印刷ジョブはキャンセルできません。ただし、cancel -U root job_number コマンドを使用して、強制的にジョブを削除することはできます。このようなキャンセルは、プリンターの操作ポリシーを 認証済 に変更し、root 認証を強制することで、禁止することができます。

シェルプロンプトから直接ファイルを印刷することもできます。たとえば lp sample.txt コマンドはテキストファイル sample.txt を印刷します。印刷フィルターはファイルのタイプを決定し、プリンターが理解できる形式に変換します。