Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.3.5. IPP プリンターの追加

IPP プリンターは同じ TCP/IP ネットワークにある異なるシステムに接続されているプリンターです。このプリンターが取り付けられているシステムは CUPS を実行しているか、または単に IPP を使用するように設定されているだけです。

プリンターサーバーでファイアウォールが有効な場合は、ポート 631 で受信 TCP 接続が可能になるようにファイアウォールを設定する必要があります。プロトコルを参照する CUPS により、クライアントマシンは共有 CUPS キューを自動的に検出することが可能です。これを有効にするには、クライアントマシンのファイアウォールをポート631 で受信 UDP パッケージを許可するよう設定する必要があります。

以下の手順にしたがって IPP プリンターを追加します。

  1. 新規プリンター ダイアログを開きます( 「プリンター設定の開始」を参照)。
  2. 左側のデバイスの一覧で、ネットワークプリンターおよび、Internet Printing Protocol (ipp) または Internet Printing Protocol (https).の順に選択します。
  3. 右側で、接続設定を入力します。

    Host
    IPP プリンターのホスト名。
    Queue

    新規のキューに与えるキューの名前です (このボックスを空白のままにすると、デバイスノードに基づいた名前が使用されます)。

    図16.4 IPP プリンターの追加

    ネットワーク IPP プリンター
  4. 進む をクリックして続けます。
  5. プリンターのモデルを選択します。詳細は、「プリンターモデルの選択と完了」 を参照してください。