Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.2. 電子メールプログラムの分類

一般的に、すべての電子メールアプリケーションは 3 つのタイプのうち 1 つ以上に分類されます。それぞれの分類は、電子メールメッセージの移動および管理のプロセスにおいてそれぞれ特定の役割を果たします。大半のユーザーはメッセージの送受信に使用する特定の電子メールプログラムだけを認識しますが、電子メールを正しい送信先に届けるにはすべての電子メールプログラムが重要になります。

15.2.1. メール転送エージェント (Mail Transport Agent)

MTA (メール転送エージェント) は、SMTP を使用してホスト間で電子メールメッセージを転送します。メッセージは目的の送信先に移動する時、様々な MTA に関わることがあります。

マシン間のメッセージ配信は簡単に見えるかもしれませんが、配信のためにある MTA がメッセージを受け入れることが可能か、または受け入れるべきかを判断する過程全体は非常に複雑です。その上、スパムの問題により、特定の MTA の使用は通常 MTA の設定または MTA が常駐するネットワークのアクセス設定により制限されます。

メールクライアントプログラムの中には、メール送信時に MTA として機能するものもあります。しかし、このようなメールクライアントプログラムは、アウトバウンドメッセージを MTA のみに送信することができるため、このようなメールクライアントプログラムは、メッセージを目的の受信者のメールサーバーに直接送信することはできません。この機能は、アプリケーションを実行しているホストに独自の MTA がない場合に便利です。

Red Hat Enterprise Linux では PostfixSendmail の 2 つの MTA を提供しています。これらメールクライアントプログラムは MTA として動作する必要はありません。Red Hat Enterprise Linux には、Fetchmail と呼ばれる特別な目的の MTA も含まれています。

Postfix、Sendmail、Fetchmail の詳細は、「メール転送エージェント (MTA)」 を参照してください。