Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.7. 関連資料

以下は、電子メールアプリケーションに関する補足のドキュメントの一覧です。

15.7.1. インストールされているドキュメント

  • Sendmail の設定に関する情報は、sendmail パッケージおよび sendmail-cf パッケージに含まれています。

    • /usr/share/sendmail-cf/README: m4 マクロプロセッサーの情報、Sendmail のファイルの場所、対応するメーラー、強化機能へのアクセス方法などの情報が記載されています。

      さらに、sendmail および aliases の man ページには、Sendmail の様々なオプションと、Sendmail の /etc/mail/aliases ファイルの適切な設定に関する役立つ情報が記載されています。

  • /usr/share/doc/postfix-version-number : Postfix の設定方法に関する多くの情報が含まれています。version-number を Postfix のバージョン番号に置き換えてください。
  • /usr/share/doc/fetchmail-version-number/ : Fetchmail の機能の全一覧を記載した FEATURES ファイルと初歩的な FAQ ドキュメントが含まれています。version-number を、Fetchmail のバージョン番号に置き換えてください。
  • /usr/share/doc/procmail-version-number: Procmail の概要を記載した README ファイル、各プログラム機能を詳細に記した FEATURES ファイル、設定に関する多数のよくある質問に対する回答をまとめた FAQ が含まれています。version-number を、Procmail のバージョン番号に置き換えてください。

    Procmail の仕組みや新しいレシピの作成方法を学習する場合は、以下にあげる Procmail の man ページが非常に役立ちます。

    • procmail: Procmail の仕組みと電子メールのフィルタリングに必要な手順を概説します。
    • procmailrc: レシピの構築に使用される rc のファイル形式を説明します。
    • procmailex: 実環境向けの役立つ Procmail のサンプルレシピを多数紹介します。
    • procmailsc - 特定のレシピとメッセージを適合するために Procmail で使用される加重スコアリング手法を説明します。
    • /usr/share/doc/spamassassin-version-number/: SpamAssassin に関する多くの情報が含まれています。version-number を、spamassassin パッケージのバージョン番号に置き換えてください。