23.9. Rsyslog のデバッグ

rsyslogd をデバッグモードで実行するには、以下のコマンドを使用します。

rsyslogd -dn

このコマンドでは、rsyslogd がデバッグ情報を作成し、標準出力に印刷します。-n は「no fork」を意味します。たとえば、デバッグ出力をログファイルに保存して、環境変数を使用してデバッグを変更できます。rsyslogd を起動する前に、コマンドラインで次のコマンドを実行します。

export RSYSLOG_DEBUGLOG="path"
export RSYSLOG_DEBUG="Debug"

path を、デバッグ情報をログ記録するファイルの場所に置き換えます。RSYSLOG_DEBUG 変数に利用可能なオプションの一覧は、man ページ rsyslogd(8) の関連セクションを参照してください。

/etc/rsyslog.conf ファイルで使用している構文が有効かどうかをチェックするには、以下を使用します。

rsyslogd -N 1

1 は、出力メッセージの長さのレベルを表します。現在提供されているのは 1 つのレベルのみなので、これは前方互換性オプションになります。ただし、検証を実行するには、この引数を追加する必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。