19.19. クロックソースの設定

システムで使用可能なクロックソースを一覧表示するには、以下のコマンドを発行します。

~]$ cd /sys/devices/system/clocksource/clocksource0/
clocksource0]$ cat available_clocksource
kvm-clock tsc hpet acpi_pm
clocksource0]$ cat current_clocksource
kvm-clock

上記の例では、カーネルは kvm-clock を使用しています。これは仮想マシンなので、起動時にこのクロックソースが選択されています。利用可能なクロックソースはアーキテクチャーに依存することに注意してください。

デフォルトのクロックソースを上書きするには、clocksource ディレクティブをカーネルの GRUB 2 メニューエントリーの末尾に追加します。grubby ツールを使用して変更します。たとえば、システムのデフォルトのカーネルが tsc クロックソースを使用するように強制するには、以下のコマンドを入力します。

~]# grubby --args=clocksource=tsc --update-kernel=DEFAULT

--update-kernel パラメーターはキーワード ALL、またはカーネルインデックス番号のコンマ区切りの一覧も受け入れます。

GRUB 2 メニューの変更方法は、26章GRUB 2 での作業 を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。