Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.6. NTP の認証オプション

NTPv4 NTPv4 は、公開非対称暗号をベースとしながら対称鍵暗号にも対応している Autokey Security Architecture 向けのサポートを開始しました。Autokey プロトコルについては RFC 5906 Network Time Protocol Version 4: Autokey Specificationで説明しています。残念なことに、Autokey にはセキュリティ上の深刻な問題があることが後になって判明しました。したがって、Red Hat は対称鍵の使用を強く推奨します。ntpd の認証オプションとコマンドについては、man ページ ntp_auth(5) で説明しています。
ネットワーク上の攻撃者は、不正確な時間情報のある NTP パケットを送信することで、サービス妨害を試みることがあります。NTP サーバーのパブリックプールを使用しているシステムでは、/etc/ntp.conf のパブリック NTP 一覧内に 4 つ以上の NTP サーバーを記載することでこのリスクが軽減されます。1 つのタイムソースのみが危険にさらされるか、またはなりすましを受けた場合、ntpd はそのソースを無視します。リスク評価を実行し、不正確な時間がアプリケーションおよび組織に及ぼす影響を検討してください。内部のタイムソースがある場合は、NTP パケットが配布されるネットワークを保護する手段を検討してください。リスク評価を実行して、リスクを許容でき、アプリケーションへの影響が最小限であると判断した場合は、認証を使わないことを選択することもできます。
ブロードキャストとマルチキャストの各モードでは、デフォルトで認証が必要になります。ネットワークが信頼できると判断した場合は、ntp.conf ファイル内の disable auth ディレクティブを使って認証を無効にできます。別の方法では、SHA1 または MD5 シンメトリックキーを使って認証を設定するか、Autokey スキームを使用して公開 (非対称) キー暗号法で認証を設定する必要があります。非対称暗号法の Autokey スキームは、ntp_auth(8) man ページで、キーの生成については ntp-keygen(8) で説明されています。シンメトリックキー暗号法の実装方法については、「鍵を使った対称認証の設定」key オプションを参照してください。