11.3. Festival Speech Synthesis System の有効化

デフォルトでは OrcaeSpeak 音声合成装置を使用していますが、Festival Speech Synthesis System にも対応しています。eSpeakFestival Speech Synthesis System (Festival) は、異なる方法で音声を合成します。ユーザーの中にはデフォルトの eSpeak よりも Festival を好む方がいるかもしれません。Festival を有効化する手順は以下のとおりです。

手順11.6 Festival のインストールとブート時の実行

  1. Festival をインストールします。
    ~]# yum install festival festival-freebsoft-utils
  2. Festival を起動時に実行します。
    1. 新規 systemd ユニットファイルを作成します。
      ファイルを /etc/systemd/system/ ディレクトリーに作成し、実行可能な状態にします。
      ~]# touch /etc/systemd/system/festival.service
      ~]# chmod 664 /etc/systemd/system/festival.service
    2. /usr/bin/festival_server ファイルにあるスクリプトが Festival の実行に使用されるよう設定します。以下の内容を /etc/systemd/system/festival.service ファイルに追加します。
      [Unit]
      Description=Festival speech synthesis server
      [Service]
      ExecStart=/usr/bin/festival_server
      Type=simple
    3. 新規 festival.service ファイルが存在していることを systemd に通知します。
      ~]# systemctl daemon-reload
      ~]# systemctl start festival.service
    4. festival.service を有効化します。
      ~]# systemctl enable festival.service

Festival の音声の選択

Festival には複数の音声が用意されています。
音声を利用するには、以下の一覧から関連するパッケージをインストールしてください。
  • festvox-awb-arctic-hts
  • festvox-bdl-arctic-hts
  • festvox-clb-arctic-hts
  • festvox-kal-diphone
  • festvox-ked-diphone
  • festvox-rms-arctic-hts
  • festvox-slt-arctic-hts
  • hispavoces-pal-diphone
  • hispavoces-sfl-diphone
特定の音声に関する詳細は以下でご覧ください。
~]# yum info package_name
必要な音声を利用するには、その音声を含むパッケージをインストールして、再起動します。
~]# yum install package_name
~]# reboot