Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第7章 システム登録およびサブスクリプション管理

サブスクリプションサービスは、Red Hat ソフトウェアインベントリーを処理するメカニズムを提供し、yum パッケージマネージャーを使用して追加のソフトウェアをインストールしたり、インストールされているプログラムを新規バージョンに更新したりすることを可能にします。Red Hat Enterprise Linux 7 で、システムを登録し、サブスクリプションを割り当てる方法としては Red Hat サブスクリプション管理 の使用が推奨されます。

注記

さらに、初期設定プロセスでのインストール後にシステムを登録し、サブスクリプションを割り当てることもできます。初期設定の詳細情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 の インストールガイド初期設定と初期起動 の章を参照してください。初期設定アプリケーションは、インストール時に X Window System でインストールしたシステムでのみ利用できることに注意してください。

7.1. システム登録およびサブスクリプションの割り当て

Red Hat Subscription Management を使用してシステムを登録し、1 つ以上のサブスクリプションを割り当てる手順を完了してください。subscription-manager コマンドはすべて root で実行することに注意してください。
  1. 以下のコマンドを実行してシステムを登録します。ユーザー名とパスワードを求めるプロンプトが表示されます。ユーザー名とパスワードは、Red Hat カスタマーポータルのログイン情報と同じであることに注意してください。
    subscription-manager register
  2. 必要なサブスクリプションのプール ID を確認します。これを行うには、シェルプロンプトで以下のコマンドを入力し、システムで利用できるサブスクリプションの一覧を表示します。
    subscription-manager list --available
    このコマンドは、利用可能な各サブスクリプションの名前、固有 ID、有効期限、およびそのサブスクリプションに関連するその他の詳細情報を表示します。全アーキテクチャー向けのサブスクリプションを一覧表示するには、--all オプションを追加します。プール ID は、Pool ID で始まる行に一覧表示されます。
  3. 以下のコマンドを実行して、該当するサブスクリプションをシステムに割り当てます。
    subscription-manager attach --pool=pool_id
    pool_id を、直前のステップで確認したプール ID に置き換えます。
    システムに割り当てているサブスクリプションの一覧を随時確認するには、以下を実行します。
    subscription-manager list --consumed
Red Hat Subscription Management を使用してシステムを登録し、サブスクリプションに関連付ける方法は、「Red Hat Subscription-Manager を使用して Red Hat カスタマーポータルにシステムを登録してサブスクライブする」 を参照してください。サブスクリプションに関する包括的な情報は Red Hat Subscription Management のガイドを参照してください。