Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第6章 権限の取得

システム管理者は (時にはユーザーも)、管理者アクセスでタスクを実行する必要があります。システムに root ユーザーでアクセスすることは危険を伴う可能性があり、システムおよびデータの著しい破損につながる場合もあります。本章では、susudo といった setuid プログラムを使用して管理者権限を取得する方法を説明します。これらのプログラムを使用すると、高レベルの制御およびシステムセキュリティーを維持しつつ、通常は root ユーザーしかできないタスクを特定のユーザーが実行できます。
管理者制御や潜在的な危険、特権アクセスの不適切な使用によるデータ破損を回避する方法は 『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』 を参照してください。

6.1. su ユーティリティーを使用した管理アクセスの設定

ユーザーは、su を実行するとroot パスワードを求められます。認証されると root シェルプロンプトが表示されます。
su コマンドでログインすると、そのユーザーは root ユーザーとなり、システムへの絶対管理アクセスを持つことになります。このアクセスは、SELinux が有効な場合はこれによる制限を受けますが、root になったユーザーは、 su コマンドを使用して、システムでパスワードを求められることなく他のユーザーに切り換えることができます。
このプログラムは非常に強力なので、組織内の管理者はこのコマンドにアクセスできるユーザーを制限してください。
簡単な制限方法は、wheel と呼ばれる特別な管理グループにユーザーを追加することです。これを実行するには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# usermod -a -G wheel username
このコマンドで、username を、wheel グループに追加するユーザー名に置き換えます。
また、ユーザー 設定ツールを使用して以下のようにグループのメンバーを修正することもできます。この手順を実行するには、管理者権限が必要なことに注意してください。
  1. スーパー キーを押してアクティビティーの概要に入り、Users と入力して Enter キーを押します。ユーザー 設定ツールが表示されます。スーパー キーはキーボードやハードウェアによって異なりますが、通常は スペースバー の左側にある Windows キーまたは Command キーです。
  2. 変更を有効にするには、ロック解除 ボタンをクリックし、有効な管理者パスワードを入力します。
  3. 左側の列でユーザーアイコンをクリックし、右側のペインでユーザーのプロパティーを表示します。
  4. アカウントの種類Standard から Administrator に変更します。これにより、ユーザーが wheel グループに追加されます。
ユーザー ツールの詳細は 「グラフィカル環境でのユーザーの管理」 を参照してください。
wheel グループにユーザーを追加したら、この追加した特定のユーザーにのみ su コマンドの使用を許可することが推奨されます。それには、su の PAM (プラグ可能な認証モジュール) 設定ファイル (/etc/pam.d/su) を編集する必要があります。このファイルをテキストエディターで開き、以下の行の # 文字を削除してコメント設定を解除します。
#auth           required        pam_wheel.so use_uid
この変更で、wheel の管理グループメンバーのみが、su コマンドを使用して別のユーザーに切り換えることができるようになります。

注記

root ユーザーはデフォルトで wheel グループの一員になっています。