第11章 アクセシビリティーのためのシステム設定

Red Hat Enterprise Linux 7 のアクセシビリティーは、オペレーティングシステムのデフォルトインストールに含まれる Orca スクリーンリーダーによって確保されています。本章では、システム管理者が、視覚障害を持つユーザーに有用なシステムを設定する方法を説明します。

Orca は画面から情報を読み取り、以下を使用してユーザーに伝えます。

  • 音声合成装置 (音声出力を提供)
  • 点字ディスプレイ (触知可能な出力を提供)

Orca の設定に関する詳細は、ヘルプページ をご覧ください。

Orca のコミュニケーション出力を正常に機能させるために、システム管理者は以下を行う必要があります。

11.1. brltty サービスの設定

点字ディスプレイは、brltty サービスを使用して視覚障害のあるユーザーに触知可能な出力を提供します。

brltty サービスを有効する

点字ディスプレイは、brltty が実行していないと作動しません。デフォルトでは、brltty は無効化されています。システムの起動時に brltty が起動するようにします。

~]# systemctl enable brltty.service

ユーザーへの点字ディスプレイの使用許可

点字ディスプレイの使用を許可されているユーザーを設定するには、以下のいずれか 1 つの手順を選択してください。/etc/brltty.conf ファイルを使用した手順は、ユーザーまたはグループをファイルに割り当てることができないファイルシステムにも適しています。/etc/brlapi.key ファイルを使用する方法は、ユーザーまたはグループをファイルに割り当てられるファイルシステムのみに適しています。

/etc/brltty.conf を使用して点字ディスプレイへのアクセスの設定

  1. /etc/brltty.conf ファイルを開き、Application Programming Interface Parameters というセクションを見つけます。
  2. ユーザーを指定します。

    1. 1 人以上の個々のユーザーを指定するには、次の行にユーザーを追加します。

      api-parameters Auth=user:user_1, user_2, ... 		# Allow some local user
    2. ユーザーグループを指定するには、次の行に名前を入力します。

      api-parameters Auth=group:group		# Allow some local group

/etc/brlapi.key を使用して点字ディスプレイへのアクセスの設定

  1. /etc/brlapi.key ファイルを作成します。

    ~]# mcookie > /etc/brlapi.key
  2. /etc/brlapi.key の所有権を特定のユーザーまたはグループに変更します。

    1. 個々のユーザーを指定するには、次のコマンドを実行します。

      ~]# chown user_1 /etc/brlapi.key
    2. グループを指定するには、次のコマンドを実行します。

      ~]# chown group_1 /etc/brlapi.key
  3. /etc/brltty.conf の内容を調整して、以下を追加します。

    api-parameters Auth=keyfile:/etc/brlapi.key

点字ドライバーの設定

/etc/brltty.confbraille-driver ディレクティブは、点字ディスプレイのドライバーの、2 文字から成るドライバー識別コードを指定します。

点字ドライバーの設定

  1. 適切な点字ドライバーを見つけるときに、自動検知機能を使用するかどうか決定します。

    1. 自動検出を使用する場合は、デフォルトのオプションである autobraille driver を指定しておきます。

      braille-driver	auto	 # autodetect
      警告

      自動検出はすべてのドライバーを試行します。そのため、時間がかかるか、失敗することさえあります。そのため、特定の点字ドライバーに設定しておくことが推奨されます。

    2. 自動検出を使用しない場合は、braille-driver ディレクティブで必要な braille ドライバーの識別コードを指定します。

      /etc/brltty.conf に記載されている一覧から、必要な点字ドライバーの識別コードを選択します。たとえば、以下のようになります。

      braille-driver	xw	 # XWindow

      複数のドライバーをコンマで区切って設定することもでき、それらの間で自動検出が実行されます。

点字装置の設定

/etc/brltty.confbraille-device ディレクティブは、点字ディスプレイに接続する装置を指定します。以下の装置の種類に対応しています (表11.1「点字装置の種類と対応する構文」 を参照)。

表11.1 点字装置の種類と対応する構文

点字デバイスの種類タイプの構文

シリアルデバイス

serial:path [a]

USB デバイス

[serial-number] [b]

Bluetooth デバイス

bluetooth:address

[a] 相対パスは /dev にあります。
[b] 括弧はオプションを示します。

以下は、特定の装置の設定例です。

braille-device	serial:ttyS0	        # First serial device
braille-device	usb:	            # First USB device matching braille driver
braille-device	usb:nnnnn	        # Specific USB device by serial number
braille-device	bluetooth:xx:xx:xx:xx:xx:xx	# Specific Bluetooth device by address

また、複数のデバイスをコンマで区切って設定することもでき、各デバイスは順番にプローブされます。

警告

デバイスが serial-to-USB アダプターで接続されている場合は、braille-deviceusb: に設定しても機能しません。この場合は、カーネルがアダプター用に作成した仮想シリアルデバイスを識別します。仮想シリアルデバイスは次のようになります。

serial:ttyUSB0
You can find the actual device name in the kernel messages on the device plug with the following command:
~]# dmesg | fgrep ttyUSB0

点字ディスプレイへ特定のパラメーターの設定

点字ディスプレイに特定のパラメーターを設定する必要がある場合は、/etc/brltty.confbraille-parameters ディレクティブを使用します。braille-parameters ディレクティブは、非汎用パラメーターを点字ドライバーに渡します。/etc/brltty.conf の一覧から必要なパラメーターを選択します。

テキストテーブルの設定

/etc/brltty.conftext-table ディレクティブは、記号のエンコードに使用するテキストテーブルを指定します。テキストテーブルの相対パスは /etc/brltty/Text/ ディレクトリーにあります。

テキストテーブルの設定

  1. 適切なテキストテーブルを見つけるために自動選択を使用するかどうかを決定します。
    1. 自動選択を使用する場合は、text-table をデフォルトオプションの auto に指定したままにします。

      text-table	auto	 # locale-based autoselection

      これにより、en-nabcc へのフォールバックを使用したローカルベースの自動選択が実行されます。

    2. 自動選択機能を使用したくない場合は、/etc/brltty.conf の一覧から必要な text-table を選択します。

      たとえば、アメリカ英語のテキストテーブルを使用するには、次を指定します。

      text-table	en_US	 # English (United States)

Contraction テーブルの設定

/etc/brltty.confcontraction-table ディレクティブは、略語のエンコードに使用するテーブルを指定します。特定の収縮テーブルの相対パスは /etc/brltty/Contraction/ ディレクトリーにあります。

/etc/brltty.conf の一覧から必要な contraction-table を選択します。

たとえば、グレード 2 のアメリカ英語の収縮表を使用するには、次を指定します。

contraction-table	en-us-g2	 # English (US, grade 2)
警告

指定しない場合、収縮表は使用されません。

11.2. Always Show Universal Access Menu をオンに切り替えます

Orca スクリーンリーダーのスイッチを入れるには、Super+Alt+S キーを同時に押します。これにより、Universal Access Menu アイコンがトップバーに表示されます。

universal access menu
警告

ユーザーがユニバーサルアクセスメニュー (Universal Access Menu) にあるすべてのオプションのスイッチをオフにしていると、このアイコンは表示されません。アイコンがないと、視覚障害のあるユーザーのご利用が難しくなります。システム管理者は、Always Show Universal Access Menu をオンにしてアイコンにアクセスできないようにすることができます。Always Show Universal Access Menu を有効にすると、このメニューのすべてのオプションが無効になっている場合でも、アイコンがトップバーに表示されます。

Always Show Universal Access Menu をオンにする

  1. Gnome Settings メニューを開き、Universal Access をクリックします。
  2. Always Show Universal Access Menu をオンにします。

    常にunivアクセスメニューを表示
  3. オプション: このメニューのすべてのオプションのスイッチがオフになっていても、ユニバーサルアクセスメニュー (Universal Access Menu) アイコンがトップバーに表示されていることを確認します。

    universal access menu

11.3. Festival Speech Synthesis System の有効化

デフォルトでは OrcaeSpeak 音声合成装置を使用していますが、Festival Speech Synthesis System にも対応しています。eSpeak および Festival Speech Synthesis System (Festival) は、異なる方法で音声を合成します。一部のユーザーは、デフォルトの eSpeakシンセサイザーより、Festival を好む場合があります。Festival を有効化する手順は以下のとおりです。

Festival のインストールとブート時の実行

  1. Festival をインストールします。

    ~]# yum install festival festival-freebsoft-utils
  2. Festival を起動時に実行します。

    1. 新しい systemd ユニットファイルを作成します。

      /etc/systemd/system/ ディレクトリーにファイルを作成し、実行可能にします。

      ~]# touch /etc/systemd/system/festival.service
      ~]# chmod 664 /etc/systemd/system/festival.service
    2. /usr/bin/festival_server ファイルのスクリプトが Festival の実行に使用されていることを確認します。以下の内容を /etc/systemd/system/festival.service ファイルに追加します。

      [Unit]
      Description=Festival speech synthesis server
      [Service]
      ExecStart=/usr/bin/festival_server
      Type=simple
    3. 新しいファイル festival.service が存在することを systemd に通知します。

      ~]# systemctl daemon-reload
      ~]# systemctl start festival.service
    4. festival.service を有効化します。

      ~]# systemctl enable festival.service

Festival の音声の選択

Festival には複数の音声が用意されています。

音声を利用するには、以下の一覧から関連するパッケージをインストールしてください。

  • festvox-awb-arctic-hts
  • festvox-bdl-arctic-hts
  • festvox-clb-arctic-hts
  • festvox-kal-diphone
  • festvox-ked-diphone
  • festvox-rms-arctic-hts
  • festvox-slt-arctic-hts
  • hispavoces-pal-diphone
  • hispavoces-sfl-diphone

特定の音声に関する詳細は以下でご覧ください。

~]# yum info package_name

必要な音声を利用するには、その音声を含むパッケージをインストールして、再起動します。

~]# yum install package_name
~]# reboot

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。