5.5. ACL が設定されているファイルシステムのアーカイブ作成

デフォルトでは、dump コマンドによるバックアップ操作時に ACL が保存されます。tar コマンドで、ファイルまたはファイルシステムのアーカイブを作成する場合は、--acls オプションを付けて ACL を保存します。同様に、cp コマンドで、ACL が設定されているファイルをコピーする場合は、--preserve=mode オプションを付けて ACL もコピーされるようにします。さらに、cp-a オプション (-dR --preserve=all と同等) も、バックアップ時にタイムスタンプ、SELinux コンテキストなどの情報と一緒に ACL を保存します。dumptar、または cp の詳細は、それぞれの man ページを参照してください。

star ユーティリティーは、ファイルのアーカイブ生成に使用される点で tar ユーティリティーと似ています。しかし、一部のオプションは異なります。最も一般的に使用されるオプションの一覧は 表5.1「star のコマンドラインオプション」 を参照してください。すべての利用可能なオプションは、man star を参照してください。このユーティリティーを使用するには star パッケージが必要になります。

表5.1 star のコマンドラインオプション

オプション詳細

-c

アーカイブファイルを作成します。

-n

ファイルを抽出しません。-x と併用すると、ファイルが行う抽出を表示します。

-r

アーカイブ内のファイルを入れ替えます。パスとファイル名が同じファイルが置き換えられ、アーカイブファイルの末尾に書き込まれます。

-t

アーカイブファイルのコンテンツを表示します。

-u

アーカイブファイルを更新します。アーカイブにファイルが存在しない場合や、アーカイブ内にある同名のファイルよりも新しい場合は、そのファイルがアーカイブの末尾に書き込まれます。このオプションは、アーカイブがファイルか、またはバックスペース可能な非ブロックテープの場合にのみ機能します。

-x

アーカイブからファイルを抽出します。-U と併用すると、アーカイブ内のファイルがファイルシステムにあるファイルよりも古い場合、そのファイルは抽出されません。

-help

最も重要なオプションを表示します。

-xhelp

最も重要ではないオプションを表示します。

-/

アーカイブからファイルを抽出する際に、ファイル名から先頭のスラッシュを削除します。デフォルトでは、ファイルの抽出時に先頭のスラッシュが削除されます。

-acl

作成時または抽出時に、ファイルとディレクトリーに関連付けられているすべての ACL をアーカイブするか、または復元します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。