7.2. クライアントごとに複数の SSSD 設定ファイルを使用

SSSD のデフォルトの設定ファイルは、/etc/sssd/sssd.conf です。このファイルとは別に、SSSD は /etc/sssd/conf.d/ ディレクトリー内のすべての *.conf ファイルの設定を読み取ることができます。
たとえば、これにより、すべてのクライアント上にあるデフォルトの /etc/sssd/sssd.conf ファイルを使用して、別の設定ファイルに追加設定を追加し、クライアントごとに機能を個別に拡張することができます。

SSSD が設定ファイルを処理する方法

SSSD は、以下の順番で設定ファイルを読み取ります。
  1. プライマリー /etc/sssd/sssd.conf ファイル
  2. /etc/sssd/conf.d/ 内にあるその他の *.conf ファイルをアルファベット順で読み取り
同じパラメーターが複数の設定ファイルに出現すると、SSSD は最後に読み取ったパラメーターを使用します。

注記

SSSD は、conf.d ディレクトリー内の隠しファイル (. で始まるファイル) は読み取りません。