7.9. 関連資料

  • SSSD 関連の man ページの完全な一覧は、sssd(8) の man ページの SEE ALSO を参照してください。
  • トラブルシューティングのアドバイス: 「SSSD のトラブルシューティング」
  • サーバーから送信されるパスワード有効期限警告を処理し、ローカルシステムでユーザーに警告を表示する手順を SSSD で設定するには、Red Hat のナレッジベースにある Setting Password Expiry を参照してください。
  • SSSD クライアントは、LDAP サーバーから取得した各ユーザーに対して自動的に GID を作成できます。また同時に、GID 番号がすでに取られていない限り、GID とユーザーの UID が一致するよう確認します。Active Directory に直接統合される SSSD クライアントで GID の自動作成が可能となる方法については、Windows 統合ガイド の該当するセクションを参照してください。