Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.7. SSSD のダウングレード

ダウングレード - SSSD のバージョンをダウングレードするか、オペレーティングシステム自体をダウングレードする場合、既存の SSSD キャッシュを削除する必要があります。キャッシュが削除されないと、SSSD プロセスは停止されますが、PID ファイルが残ります。SSSD ログでは、キャッシュバージョンが認識されていないため、関連するドメインに接続できないことが示されています。
(Wed Nov 28 21:25:50 2012) [sssd] [sysdb_domain_init_internal] (0x0010): Unknown DB version [0.14], expected [0.10] for domain AD!
ユーザーが認識されなくなり、ドメインサービスおよびホストへの認証ができなくなります。
SSSD バージョンをダウングレードしてから以下を行います。
  1. 既存のキャッシュデータベースファイルを削除します。
    [root@server ~]# rm -rf /var/lib/sss/db/*
  2. SSSD プロセスを再起動します。
    [root@server ~]# systemctl restart sssd.service