Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第7章 SSSD の設定

7.1. SSSD の概要

7.1.1. SSSD の仕組み

システムセキュリティーサービスデーモン (System Security Services Daemon: SSSD) は、リモートディレクトリーと認証メカニズムにアクセスするシステムサービスです。ローカルシステム (SSSD クライアント) を外部のバックエンドシステム (プロバイダー) に接続します。これにより、SSSD クライアントに SSSD プロバイダーを使用した ID および認証のリモートサービスへのアクセスが提供されます。たとえば、これらのリモートサービスには、LDAP ディレクトリー、Identity Management (IdM) または Active Directory (AD) ドメイン、または Kerberos レルムが含まれます。
このため、SSSD は以下のようになります。
  1. クライアントをアイデンティティーストアに接続して認証情報を取得します。
  2. 取得した認証情報を使用して、クライアントにユーザーと認証情報のローカルキャッシュを作成します。
ローカルシステムのユーザーは、外部バックエンドシステムに保存されているユーザーアカウントを使用して認証を行うことができます。
SSSD は、ローカルシステムでユーザーアカウントを作成しません。代わりに、外部データストアからのアイデンティティーを使用し、ユーザーがローカルシステムにアクセスできるようにします。

図7.1 SSSD の仕組み

SSSD の仕組み
SSSD は、NSS (Name Service Switch) や PAM (Pluggable Authentication Modules) などの複数のシステムサービスのキャッシュを提供することもできます。

7.1.2. SSSD を使用する利点

ID および認証サーバーへの負荷の削減
情報を要求すると、SSSDクライアントはSSSDに接続し、SSSDはキャッシュをチェックします。SSSD は、キャッシュで情報が利用できない場合に限り、サーバーに問い合わせます。
オフライン認証
SSSD は、必要に応じて、リモートサービスから取得したユーザー ID および認証情報のキャッシュを保持します。この設定では、リモートサーバーまたは SSSD クライアントがオフラインであっても、ユーザーがリソースに対して正常に認証できるようになります。
単一のユーザーアカウント: 認証プロセスの一貫性の向上
SSSD では、オフライン認証用に中央アカウントとローカルユーザーアカウントの両方を維持する必要はありません。
リモートユーザーには多くの場合、複数のユーザーアカウントがあります。たとえば、仮想プライベートネットワーク (VPN) に接続するには、リモートユーザーが、ローカルシステム用のアカウントのほかに、VPN システムの別のアカウントになります。
キャッシュおよびオフライン認証により、リモートユーザーはローカルマシンに認証することで、ネットワークリソースに接続できます。SSSD は次にネットワークの認証情報を維持します。