Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.5. ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワード(OTP)は、認証セッションが 1 つだけ有効なパスワードです。使用後は無効になります。長期間同じままになる従来の静的パスワードとは異なり、OTP は変更を維持します。OTP は 2 要素認証の一部として使用されます。最初の手順では、ユーザーは従来の静的パスワードで認証する必要があります。2 つ目の手順では、認識済みの認証トークンが発行した OTP を求めるプロンプトが表示されます。
OTP と静的パスワードを使用した認証は、静的パスワードのみを使用した認証よりも安全であると考えられます。OTP は認証を成功させるためにしか使用できないため、ログイン中に OTP を傍受しても、傍受された OTP はすでにその時点で無効になります。

Red Hat Enterprise Linux のワンタイムパスワード

Red Hat Identity Management は、IdM ユーザーの OTP 認証をサポートします。詳細は、『Linux ドメイン ID、認証、およびポリシーガイド』を参照してください。