3.3. NIS

重要

NIS を ID ストアとして設定する前に、NIS 自体を環境にあわせて設定する必要があります。
  • NIS サーバーは、ユーザーアカウント設定で完全に設定する必要があります。
  • ローカルシステムに ypbind パッケージをインストールする必要があります。これは NIS サービスに必要なものですが、デフォルトではインストールされません。
  • portmapypbind サービスが起動されており、ブート時に起動するように設定します。これは、ypbind パッケージのインストール時に設定します。

3.3.1. UI での NIS 認証の設定

  1. 「authconfig UI の起動」 にあるように、authconfig UI を開きます。
  2. ユーザーアカウントデータベース のドロップダウンメニューで NIS を選択します。
  3. NIS サーバーに接続するための情報として、NIS ドメイン名とサーバーのホスト名を設定します。NIS サーバーが指定されない場合は、authconfig デーモンが NIS サーバーをスキャンして検索します。
  4. 認証の方法を選択します。NIS は、単純なパスワード認証または Kerberos 認証を受け付けます。
    Kerberos の使用方法は、「UI での Kerberos 認証の設定」 で説明しています。

3.3.2. コマンドラインを使用した NIS の設定

NIS ID ストアを使用するには、--enablenis を使います。Kerberos パラメーターが明示的に設定されている場合 (「コマンドラインでの Kerberos 認証の設定」) を除き、ここでは自動的に NIS 認証が使用されます。唯一のパラメーターは、NIS サーバーと NIS ドメインを特定するためのものです。これらが使用されない場合は、authconfig サービスはネットワークをスキャンして NIS サーバーを探します。
[root@server ~]# authconfig --enablenis --nisdomain=EXAMPLE --nisserver=nis.example.com --update