第5章 authconfig を使用したキックスタートと設定ファイルの管理

--update オプションは、変更されたすべての設定ファイルを更新します。以下の代替オプションでは、動作が多少異なります。
  • --kickstart は、更新した設定をキックスタートファイルに書き込みます。
  • --test は、変更後の設定全域を標準出力に表示しますが、設定ファイルはどれも編集しません。
また、authconfig を使用してバックアップを作成したり、以前の設定に復元することもできます。すべてのアーカイブは /var/lib/authconfig/ ディレクトリー内の一意のサブディレクトリーに保存されます。たとえば、--savebackup オプションを使って 2011-07-01 といったバックアップディレクトリーを作成します。
[root@server ~]# authconfig --savebackup=2011-07-01
これにより、/var/lib/authconfig/backup-2011-07-01 ディレクトリーに認証設定ファイルすべてのバックアップが作成されます。
保存したバックアップはどれも --restorebackup オプションで手動保存した設定の名前を入力して、設定の復元に使用できます。
[root@server ~]# authconfig --restorebackup=2011-07-01
また、authconfig は、変更を (--update オプションで) 適用する前に、自動的に設定のバックアップを作成します。--restorelastbackup オプションを使用すると、バックアップを指定しない場合は最新の自動バックアップから設定を復元できます。