Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第5章 authconfigを使用したキックスタートと設定ファイルの管理

--update オプションは、設定変更で設定ファイルをすべて更新します。若干異なる動作と共に、複数の代替オプションを使用できます。
  • --kickstart は、更新した設定をキックスタートファイルに書き込みます。
  • --test は変更のある完全な設定を表示しますが、設定ファイルは編集しません。
さらに、authconfig を使用して、以前の設定をバックアップおよび復元できます。すべてのアーカイブは、/var/lib/authconfig/ ディレクトリーの一意のサブディレクトリーに保存されます。たとえば、--savebackup オプションを指定すると、backup ディレクトリーを 2014-07-01 として提供します。
[root@server ~]# authconfig --savebackup=2011-07-01
これにより、/var/lib/authconfig/backup-2011-07-01 ディレクトリーの下にあるすべての認証設定ファイルがバックアップされます。
保存されたバックアップは、--restorebackup オプションを使用して設定を復元し、手動で保存した設定の名前を指定します。
[root@server ~]# authconfig --restorebackup=2011-07-01
さらに、authconfig は変更を適用する前に設定のバックアップを自動的に作成します (--update オプションを使用します)。--restorelastbackup オプションを使用すると、正確なバックアップを指定することなく、最新の自動バックアップから設定を復元できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。