Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.8.3. アンマウント動作の設定

fail_at_unmount オプションが設定されていると、ファイルシステムはマウント解除時に他のすべてのエラー設定を上書きし、I/O 操作を再試行せずに、すぐにファイルシステムをマウント解除します。これにより、永続的なエラーが発生した場合でも、マウント解除操作を成功できます。
アンマウント動作を設定するには、以下を実行します。
# echo value > /sys/fs/xfs/device/error/fail_at_unmount
value は、1 または 0 のいずれかになります。
  • 1 は、エラーが検出された場合にすぐに再試行を取り消すことを意味します。
  • 0 は、max_retries オプションおよび retry_timeout_seconds オプションを遵守することを意味します。
device は、/dev/ ディレクトリーにあるデバイス名です。たとえば、sda などです。
重要
fail_at_unmount オプションは、ファイルシステムのマウントを解除する前に必要に応じて設定する必要があります。マウント解除操作が開始されると、設定ファイルおよびディレクトリーが利用できなくなる可能性があります。