Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.8.2. 特定の条件および未定義条件でのファイルシステム動作の設定

再試行の最大数を設定するには、必要な数を max_retries ファイルに書き込みます。
  • 特定の条件の場合:
    # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/condition/max_retries
  • 未定義の条件の場合:
    # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/default/max_retries
value は、-1 から最大許容値の int (C 符号付き整数型)の間の数値です。これは、64 ビット Linux では 2147483647 です。
時間制限を設定するには、希望する秒数を retry_timeout_seconds ファイルに書き込みます。
  • 特定の条件の場合:
    # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/condition/retry_timeout_seconds
  • 未定義の条件の場合:
    # echo value > /sys/fs/xfs/device/error/metadata/default/retry_timeout_seconds
value は、-1 から 86400 までの数字で、1 日の秒数です。
max_retries と retry_ timeout_seconds の両方のオプションでは、-1 は永久に再試行され、0 は即座に 停止します
device は、/dev/ ディレクトリーにあるデバイス名です。たとえば、sda などです。
注記
それぞれのエラー状態のデフォルトの動作は、エラーコンテキストによって異なります。ENODEV などの一部のエラーは、リトライ回数に関係なく致命的で回復不可能なものと見なされるため、デフォルト値は 0 になります。