Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.4.3. VDO ボリュームの削除

VDO ボリュームはシステムから以下を実行することで削除できます。
# vdo remove --name=my_vdo
VDO ボリュームを削除する前に、ファイルシステムのマウントを解除し、ストレージを使用しているアプリケーションを停止します。vdo remove コマンドは、VDO ボリュームと、それに関連付けられた UDS インデックスと、そのボリュームが存在する論理ボリュームを削除します。

30.4.3.1. 正常に作成されたボリュームの削除

vdo ユーティリティーが VDO ボリュームを作成する際に障害が発生した場合、ボリュームは中間状態になります。これは、システムクラッシュ、電源失敗、管理者が実行中の vdo create コマンドを中断する場合などに生じる可能性があります。
この状況からクリーンアップするには 、--force オプションを使用して、作成に失敗したボリュームを削除します。
# vdo remove --force --name=my_vdo
ボリュームの作成に失敗して、管理者がシステム設定を変更して競合を発生させたため、--force オプションが必要となります。--force オプションを指定しないと、vdo remove コマンドが失敗し、以下のメッセージが表示されます。
[...]
A previous operation failed.
Recovery from the failure either failed or was interrupted.
Add '--force' to 'remove' to perform the following cleanup.
Steps to clean up VDO my_vdo:
umount -f /dev/mapper/my_vdo
udevadm settle
dmsetup remove my_vdo
vdo: ERROR - VDO volume my_vdo previous operation (create) is incomplete