Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.2.3. 物理ボリュームのサイズ別の VDO システム要件の例

以下の表は、基となる物理ボリュームのサイズに基づいた、VDO のシステム要件の概算を示しています。それぞれの表には、プライマリーストレージ、バックアップストレージなどの、目的のデプロイメントに適した要件が記載されています。
正確な数値は、VDO ボリュームの設定により異なります。

プライマリーストレージのデプロイメント

プライマリーストレージの場合、UDS インデックスのサイズは、物理ボリュームの 0.01% から 25% になります。

表30.2 プライマリーストレージの VDO ストレージおよびメモリーの要件

物理ボリュームのサイズ10 GB - 1-TB2–10 TB11–50 TB51–100 TB101–256 TB
RAM の使用250 MB
デンス: 1 GB
スパース: 250 MB
2 GB3 GB12 GB
ディスクの使用率2.5 GB
デンス: 10 GB
スパース: 22 GB
170 GB255 GB1020 GB
インデックスタイプデンスデンスまたはスパーススパーススパーススパース

バックアップストレージのデプロイメント

バックアップストレージの場合、UDS インデックスは、バックアップセットのサイズよりは大きくなりますが、物理ボリュームと同じか、より小さくなります。バックアップセットや物理サイズが今後大きくなる可能性がある場合は、これをインデックスサイズに組み込んでください。

表30.3 バックアップストレージの VDO ストレージおよびメモリーの要件

物理ボリュームのサイズ10 GB – 1 TB2–10 TB11–50 TB51–100 TB101–256 TB
RAM の使用250 MB2 GB10 GB20 GB26 GB
ディスクの使用率2.5 GB170 GB850 GB1700 GB3400 GB
インデックスタイプデンススパーススパーススパーススパース