Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.4.6. システム起動時に VDO ボリュームを自動的に起動

システムの起動時に、vdo systemd ユニットは、有効 に設定されているすべての VDO デバイスを自動的に起動します
特定の既存ボリュームが自動的に起動しないのを防ぐには、以下のいずれかのコマンドを実行 して、そのボリュームを無効にします。
  • 特定のボリュームを無効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo deactivate --name=my_vdo
  • すべてのボリュームを無効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo deactivate --all
逆にボリュームを有効にするには、以下のコマンドのいずれかを使用します。
  • 特定のボリュームを有効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo activate --name=my_vdo
  • すべてのボリュームを有効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo activate --all
--activate=disabled オプションを vdo create コマンドに指定することで、自動的に起動しない VDO ボリュームを作成できます。
LVM ボリュームを、VDO ボリューム配下に配置するシステムの場合は(例: 図30.5「重複排除した統合ストレージ」)、適切な順序でサービスを開始することが不可欠です。
  1. LVM の下層は最初に起動する必要があります(ほとんどのシステムでは、LVM2 パッケージのインストール時にこのレイヤーが自動的に起動します)。
  2. 次に、vdo systemd ユニットを起動する必要があります。
  3. 最後に、現在 VDO ボリュームを実行する上で LVM ボリュームやその他のサービスを開始するために、追加のスクリプトを実行する必要があります。