Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.4.6. システム起動時に VDO ボリュームを自動的に起動する

システムの起動時に、vdo systemd ユニットは、アクティブ化済み として設定されているすべての VDO デバイスを自動的に起動します。
特定のボリュームが自動的に起動しないようにするには、以下のいずれかのコマンドを実行してそのボリュームを非アクティブ化します。
  • 特定のボリュームを無効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo deactivate --name=my_vdo
  • すべてのボリュームを無効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo deactivate --all
ボリュームをアクティブにするには、以下のいずれかのコマンドを実行します。
  • 特定のボリュームを有効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo activate --name=my_vdo
  • すべてのボリュームを有効にするには、以下のコマンドを実行します。
    # vdo activate --all
vdo create--activate=disabled オプションを追加して、自動的に起動しない VDO ボリュームを作成することもできます。
VDO ボリュームの上や下に LVM ボリュームを置くシステム (図30.5「重複排除された統合ストレージ」 など) では、サービスを適切な順序で起動することが重要です。
  1. LVM の下位層を最初に起動する必要があります (ほとんどのシステムでは、LVM2 パッケージのインストール時に、この層の起動が自動的に設定されます)。
  2. その後、vdo systemd ユニットを起動する必要があります。
  3. 最後に、現在実行している VDO ボリュームに、LVM ボリュームやその他のサービスを起動するために、追加のスクリプトを実行する必要があります。