Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.2.5.3. 書き込みパーミッションを保持するファイルおよびディレクトリー

システムが正しく機能するためには、一部のファイルやディレクトリーで書き込みパーミッションが必要とされます。root の読み取り専用モードでは、tmpfs 一時ファイルシステムの RAM にマウントされます。そのようなファイルとディレクトリーのデフォルトセットは、/etc/rwtab ファイルから読み取り、以下が含まれます。
dirs	/var/cache/man
dirs	/var/gdm
[output truncated]
empty	/tmp
empty	/var/cache/foomatic
[output truncated]
files	/etc/adjtime
files	/etc/ntp.conf
[output truncated]
/etc/rwtab ファイルのエントリー は、以下の形式に従います。
how the file or directory is copied to tmpfs       	path to the file or directory
ファイルまたはディレクトリーは、以下の 3 つの方法で tmpfs にコピーできます。
  • 空の パス: 空のパスが tmpfs にコピーされます。例: 空の /tmp
  • dirs path: ディレクトリーツリーが空の tmpfs にコピーされます。例: dirs /var/run
  • ファイルパス: ファイルまたはディレクトリーツリーが tmpfs intact にコピーされます。例: files /etc/resolv.conf
カスタムパスを /etc/rwtab.d/ に追加する場合、同じ形式が適用されます。