Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.3.2. autofs の設定

自動マウント機能の主な設定ファイルは /etc/auto.master です。これは、「バージョン 4 と比較した autofs バージョン 5 の改善点」 で説明されているように変更される可能性のあるマスターマップとも呼ばれます。マスターマップは、システムの autofsで制御されるマウントポイントと、それに対応する設定ファイルまたは自動マウントマップと呼ばれるネットワークソースを一覧表示します。マスターマップの形式は次のとおりです。
mount-point map-name options
この形式で使用されている変数を以下に示します。
mount-point
autofs マウントポイント (例: /home)
map-name
マウントポイントの一覧を含むマップソースの名前、およびマウントポイントがマウントされるファイルシステムの場所。
オプション
指定した場合には、それら自体にオプションが指定されていなければ、指定されたマップ内のすべてのエントリーに適用されます。この動作は、オプションの累積 が含まれる autofs バージョン 4 とは異なります。これは、混合環境の互換性を実装するように変更されました。

例8.3 /etc/auto.master ファイル

以下は、/etc/auto.master ファイルからのサンプル行です( cat /etc/auto.master で表示)。
/home /etc/auto.misc
マップの一般的な形式はマスターマップに似ていますが、マスターマップの場合と同様に、エントリーの末尾ではなく「オプション」と、マウントポイントと場所の間に表示されます。
mount-point   [options]   location
この形式で使用されている変数を以下に示します。
mount-point
これは autofs マウントポイントを参照します。これは 1 つのインダイレクトマウント用の 1 つのディレクトリー名にすることも、複数のダイレクトマウント用のマウントポイントの完全パスにすることもできます。ダイレクトマップおよび間接マップエントリーキー(マウントポイント)の後に、オフセットディレクトリー( /で始まるサブディレクトリー名)のリストが、マルチマウントエントリーと呼ばれるものとなる可能性があります。
オプション
指定した場合は、これらは、独自のオプションを指定しないマップエントリーのマウントオプションになります。
location
これは、ローカルファイルシステムのパス(Sun マップ形式のエスケープ文字 ":" で事前にあり、マップ名が /で始まるマップ名)、NFS ファイルシステムまたはその他の有効なファイルシステムの場所などのファイルシステムの場所を参照します。
以下は、マップファイルのコンテンツの例になります(例: /etc/auto.misc)。
payroll -fstype=nfs personnel:/dev/hda3
sales -fstype=ext3 :/dev/hda4
マップファイルの最初の列は、autofs マウントポイント(personnel と呼ばれるサーバーからのsalespayroll を示します。2 列目は、3 列目は マウント のソースを示しています。任意の設定に従い、autofs マウントポイントは、/home/payroll/home/sales になります-fstype= オプションは省略されることが多く、通常は正しい操作には必要ありません。
ディレクトリーが存在しない場合、自動マウント機能はディレクトリーを作成します。ディレクトリーが存在している状況で自動マウント機能が起動した場合は、自動マウント機能の終了時にディレクトリーが削除されることはありません。
自動マウントデーモンを起動するには、以下のコマンドを使用します。
# systemctl start autofs
自動マウントデーモンを再起動するには、以下のコマンドを使用します。
# systemctl restart autofs
与えられた設定を使用して、プロセスが /home/payroll/2006/July.sxc などのアンマウントされたディレクトリー autofs へのアクセスを要求すると、自動マウントデーモンはディレクトリーを自動的にマウントします。タイムアウトを指定した場合は、タイムアウト期間中ディレクトリーにアクセスしないと、ディレクトリーが自動的にアンマウントされます。
自動マウントデーモンのステータスを表示するには、以下のコマンドを使用します。
# systemctl status autofs