Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.6.6. NFS over RDMA の有効化 (NFSoRDMA)

Red Hat Enterprise Linux 7 では、RDMA に対応するハードウェアが存在すると、RDMA (remote direct memory access) サービスが自動的に有効になります。
RDMA で NFS を有効にするには、次のコマンドを実行します
  1. rdma パッケージと rdma-core パッケージをインストールします。
    /etc/rdma/rdma.conf ファイルには、デフォルトで XPRTRDMA_LOAD=yes を設定する行が含まれています。これは、rdma サービスに NFSoRDMA client モジュールを読み込むように要求します。
  2. NFSoRDMA server モジュールの自動読み込みを有効にするには、/etc/rdma/rdma.confSVCRDMA_LOAD=yes を新しい行に追加します。
    /etc/sysconfig/nfs ファイルの RPCNFSDARGS="--rdma=20049" には、NFSoRDMA サービスがクライアントをリッスンするポート番号を指定します。RFC 5667 では、RDMA 経由で NFSv4 サービスを提供する場合に、サーバーがポート 20049 をリッスンする必要があることを指定します。
  3. /etc/rdma/rdma.conf ファイルを編集したら、nfs を再起動します。
    # systemctl restart nfs
    以前のバージョンのカーネルでは、変更を有効にするために、/etc/rdma/rdma.conf の編集後にシステムを再起動する必要があることに注意してください。