Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.14.3. iSCSI オフロード用の iface の設定

デフォルトでは、iscsiadm は、ポートごとに iface 設定を作成します。使用可能なiface設定を表示するには、ソフトウェア iSCSI の場合と同じコマンドであるiscsiadm -m ifaceを使用します。
ネットワークカードのifaceを iSCSI オフロードに使用する前に、まずオフロードインターフェイスの iface.ipaddress 値を、インターフェイスが使用しなければならないイニシエータ IP アドレスに設定します。
  • be2iscsi ドライバーを使用するデバイスの場合、IP アドレスは BIOS セットアップスクリーンで設定されます。
  • 他のすべてのデバイスの場合、iface の IP アドレスを設定するには、次のコマンドを実行します。
    # iscsiadm -m iface -I iface_name -o update -n iface.ipaddress -v initiator_ip_address

例25.10 Chelsio カードの iface IP アドレスの設定

たとえば、iface の名前が cxgb3i.00:07:43:05:97:07 のカードを使用する場合、iface の IP アドレスを 20.15.0.66 に設定するには、次のコマンドを使用します。
# iscsiadm -m iface -I cxgb3i.00:07:43:05:97:07 -o update -n iface.ipaddress -v 20.15.0.66